ひのっき絵日記

あったかくてぐっすりでごはんがおいしくてよかったねうれしいねなんて小さなしあわせ探し絵日記

西葛西 焼鳥日高

2017年12月26日 | 絵日記

西葛西をうろうろしていると、気になるお店発見。

焼鳥日高。
 

日高屋創業者の神田正会長のインタビュー記事を思い出しました。
「中華料理は60越えると体力的に大変です。60過ぎても働きたい人のために、負担の小さい焼鳥屋のような場を残してあげたいと思ったんです。」

ふむふむ、これがその思いで作ったお店、焼鳥日高なのですねと入店。

店内では年配の従業員の方々が元気に働いています。

つくね(税込230円)とねぎま(250円)到着。

うん、美味しい!
肉の旨味に香ばしいタレが絡みこれぞ焼鳥のしっかりした美味しさ。
ジンリッキー(280円)をあっという間に飲み干し、生ビール(320円)を注文。
グビグビ、うーん、生ビールと焼鳥の相性は罪深いレベルですね。

あー、美味しかった!満足満足。
ジョッキ2杯と焼鳥4本で占めて税込1080円。センベロ店としても秀逸です。

いくつになっても元気に働けたら素敵ですねなんて焼鳥タイムでした!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« クリスマスの飾りつけ | トップ | 豊洲「麺屋 黒琥」の黒琥ラー... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (tempo1078)
2017-12-26 14:07:22
日本の食文化、

焼き鳥も欠かせませんねぇ。

あぁ、
オイラも食べたくなりました。
tempo1078さん (hino)
2017-12-26 16:48:00
tempo1078さん
こんにちは!
確かに焼鳥は欠かせない日本の食文化ですよね。
熱々の串にかぶりつき、お酒で流し込む極上の美味体験。
日本って本当に素晴らしいですね。

コメントを投稿

絵日記」カテゴリの最新記事