ひねもす庵

旅・島・祭・巨木・本・音楽

店長がバカすぎて

2019-10-22 22:29:51 | 
早見和真 著
角川春樹事務所
2019年7月

主人公もバカすぎて。


コメント

カマキリ

2019-10-21 22:04:04 | 日常
玄関にいました。

コメント (2)

くわた屋食堂

2019-10-17 21:45:17 | 
​「くわた屋食堂」
(バーズコミックス)
桑田乃梨子 著
幻冬舎コミックス
2019年9月

---

安定のほっこりワールド。
こんなざわついている時はありがたいですね。


コメント

てんげんつう

2019-10-11 22:39:22 | 
「​てんげんつう」
畠中恵 著
新潮社
2019年7月

---

シリーズ第18弾。
毛虫まみれ事件が、
想像するとかゆくなってこわかったです。

コメント (2)

ほほう

2019-10-05 23:34:40 | つぶやき
コメント (2)

椿宿の辺りに

2019-09-26 22:56:00 | 
「椿宿の辺りに」
梨木香歩 著
朝日新聞出版
2019年5月

---

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
皮膚科学研究員の山幸彦は祖先の地、椿宿に向かう。ふたごの鍼灸師、稲荷のキツネ、古事記にこだわる祖父、屋根裏にあった書きつけ「f植物園の巣穴に入りて」…。

---

「f植物園の巣穴」の姉妹編。
主人公は前作の曾孫世代に当たります。
痛みに苛まれる山幸彦と海幸比子は、
一族の歴史と向き合うことに。
荒唐無稽度がパワーアップしていて、より面白く読みました。


コメント

長崎スパゲッチー

2019-09-25 21:51:58 | 食物
日本のパスタのルーツ、だそうです。

コメント (2)

​f植物園の巣穴

2019-09-23 22:30:46 | 
「​f植物園の巣穴」
(朝日文庫)
梨木香歩 著
2012年6月

---

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
月下香の匂ひ漂ふ一夜。
歯が痛む植物園の園丁は、誘われるように椋の木の巣穴に落ちた。
前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、烏帽子を被った鯉、アイルランドの治水神と出会う。
動植物と地理を豊かに描き、命の連なりをえがく会心の異界譚。

---

痛みを抱えた主人公のお話。
身勝手なんでちょっと引きましたが、
ラストは納得。

姉妹編の「椿宿の辺りで」を読みたくて、
準備として読みました。


コメント (2)

ハチミツ

2019-09-22 21:40:02 | 食物
バルト三国のお土産としていただきました。

そのうち、どの国か分からないので調べてみたら、
ラトビアのようでした。

上から、エストニア、ラトビア、リトアニアの真ん中らしい。

コメント

洋梨クリームと塩キャラメルのサンドイッチ

2019-09-20 22:40:16 | 食物
コメント (2)