ひねもす庵

旅・島・祭・巨木・本・音楽

パーマネント野ばら

2006-10-26 01:04:43 | 巨木
「パーマネント野ばら」西原理恵子著、新潮社、2006年9月。

漁村で唯一のパーマ屋「パーマネント野ばら」は、女のザンゲ室。
かなしくてたくましい女たちが集います。
子連れで出戻った主人公は、ここで母親を手伝っています。

---

サイバラさんの新刊をようやく入手。
めずらしくラブストーリーです。

キャラもサイバラさんにしてはキレイめ、
というか3等身じゃないんですよね。
出戻り主人公にはロマンスグレーの年上の彼氏がいるのですが、
ラストはちょっとかなしい。

村の女たちはいつも通り下世話なのですが、
漁村の風景に包まれて絵になります。
あなたは絵になる故郷を持っていてずるい、
と絵描きに言われたそうですね。

パーマネント野ばら
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« りゅうタン | トップ | 最後の晩餐・・・栗あん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

巨木」カテゴリの最新記事