ハモニコ文庫

しずかに、のんびり

風船かずらのタネ

2011-03-27 22:42:25 | (ciku-)ni

朝、ポストに
小さな封筒

下の子へ、仲良しの女の子から
おてがみ

中身は
ふうせんかずらのタネ

まんまるのタネに
ハートのかたち

小さなお菓子みたい
かわいい^^

まいにちまいにち、学校で会っているのに
このタネを
見せたかったのかな

^^







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひらひら。白いモクレン

2011-03-26 22:54:04 | (ciku-)ni

大好きなんです
モクレン

咲いてるすがたが
ひらひら、ひらひら
ティッシュペーパーが風に泳いでるみたいです


中学校の↑

でも白いモクレンは、山の木
背が、ものすごく高くなるようです


小学校の前の家の↑

高すぎて
遠すぎて

とてもお花は見れません

遠くで
ひらひら

う~ん
のびのびと自由な感じがいいのです


散歩道の↑
車の往来が多くて
ガードレールにのぼれず、さわれませんでした....

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月の絵

2011-03-22 23:52:15 | 絵と図工の時間

描いたらいいのに

…天の声


絵筆
ぺたぺた

こころおだやかな
なでられてるような
いい時間

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月の夜

2011-03-20 23:52:34 | kan-to-kotor

なぐさめてくれているような
満月

節電して、暗いお部屋に
しん、と
かがやいてました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お花屋さん、にて

2011-03-11 23:05:04 | (ciku-)ni

揺れた日

ちょと遠くの花屋さんに寄り
お花を見て

初めて見る白い花
マーガレットに似てるけど
なにかな?

なんて思いながら
帰り道で

地震

電線が、おおなみこなみみたいに
揺れて

空は重たそうな黒い雲に
みるみる覆われ

家のまえで
すぐそこの中学校から放送が
「あわてないで、並んでください」

上の子はだいじょうぶ
下の子は?

携帯は
地震直後から不通
連絡網を待つのももどかしく
いっちゃえ
と、自転車で小学校へ

校庭に整列してました

すぐに元気な下の子の姿をみつけて
ほうっとしました

べその子も
泣き顔の子もいるので
心配させちゃいかん、と
にこにこしながら
列に近づきました

ようたろうのおかあさんっ
しってる子はみんな
顔を近づけてきます

わたしが携帯を手にしているのを見ると
どの子もこの子も
「おかあさん、だいじょぶかな?」
「うちにでんわしてくれる?」
「おかあさん、かいしゃなの。だいじょぶかな?」
「おかあさん、でんしゃにのってるかも。どうしよう」


どばっと
なみだがでてしまいそうになって
あせったよ

小さなこどもたち
みんな、まず
おかあさんの心配です

こわかったよ~とか
こわいよ~、とかでなく


メールや携帯が不通で、
隔離でもされたような不安の中
SNSはだいじょうぶだったのか、
都内の友人から
だいじょうぶ?と
メッセージが届きました

それだけで
すーっと心が冷静になっていったのも
おぼえています

これは
きっと、わすれないでしょう


だんなさんと
都内で働く父

どちらもこんな時は
泊まる、とは考えず
いっこくも早く、家に帰ろうとするひとたちなので
絶対に歩いているだろう、とおもったら
案の定、その通りで
寒い中、帰宅難民になっていました

屈強なだんなさんはともかく
還暦超えの父が
心配で心配で
いてもたってもいられなかったです


翌朝、駅に着いたふたりを
車をゆっくりとばして迎えに行ったなあと
思い出しました


このときはまだ、
福島がたいへんなことになってるなんて
まったく夢にも思っていませんでした














コメント
この記事をはてなブックマークに追加