hamonico bun ko

しずかに、のんびり

ピアノ

2019-01-09 23:26:29 | 音・ことば・本・モノ・偉人さん


しずかな部屋に、ピアノの音
すこし、さむいくらいのほうが
音は澄んで、響いてる気がします

ブラッドさんは
映画監督のようなピアニストとおもう

奇数的な旋律
指が30本くらいあるのでは、、?
と思えるふしぎな演奏

惹きこまれてしまう

目をつむって
聴くのがすき



まじめで規則的なバッハ

聴いてる心に
とんとんと
ガラスの階段が作られて

とんとんと
まじめに規則的に登ります

空に向かってここちよく?
透明なガラスばりの階段を・・

すると急に
あれ?

不規則な旋律なって

足もとの階段が
縦でなく、平面に
まるく、まるく
大小、蓮の葉みたいな形になって
ひろがっていく・・

透明だったガラスが
アンバーに
黄色っぽい、なつかしい色に



アンバー色の
ガラスの蓮の葉

あっちに、ぴょん
こちらに、ぴょん
そうっと、ぴょん

乗ってすすむのです

わたしも、夕方色になって
ああ、やっぱり楽しいな
きれい・・

拍手で、われに帰ります
(Live音源)

また、
まじめで規則的なバッハ
ガラスの階段を作りはじめ
まじめにまじめに登ります

清々するけども
のぼるだけでは物足りなくて


また変調

ガラスの階段
ゆらーり、ゆらーりと
不安定な吊り橋に

あー・・

片方、取れました
ぐらーん、ぐらーん
吊り橋が大きくゆれる

アンバーのまるいガラスが
降ってくる
きらきら
時々、こなごなに散って
美しい雨になって

ピアノの高音が
鉄琴みたいに響く

吊り橋の縄に
しがみついて揺れながら
聴き入ってしまいます

物語のような演奏・・

絵を描くとき
音楽は、必需品です










ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« トゥエルブ・ドアーズ | トップ | ありがとう、ことり旅 »