いち子ばーばのお針箱Ⅱ

昭和一桁のばーばが、虜になったウクライナ刺繍を主に、エッグ・アート、フラワーデザインの教室を開いています。

ロマノフ王朝時代の宝飾エッグ

2018年03月25日 | 手工芸色々

御近所の白木蓮が満開になってます

 

ロマノフ王朝時代の宝飾エッグです

偶々イースターシーズンに行った

クリーブランドの美術館で展示されていたのを見ましたが

小さめの鵞鳥の卵位な物でした

 

 

展示会の準備に気を取られて

ブログのっ更新を忘れることが多いようです

年のせいかもしれませんが???

今はポーチの仕上げに頭を悩ませています

 

 

ご感想のコメントを頂けると嬉しいです  

←このボタンをポチットして頂くと励みになります   

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  ←此方もよろしくお願い致します

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 刺繍の図案を付けてある陶器の卵 | トップ | アメリカダチョウの卵で作っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

手工芸色々」カテゴリの最新記事