いち子ばーばのお針箱Ⅱ

昭和一桁のばーばが、虜になったウクライナ刺繍を主に、エッグ・アートなどの作品をご紹介して居ります

昨日の續

2019年08月22日 | ウクライナ模様

花屋さんの向日葵も種になって来ましたね

 

 

昨日の續です

昨日の模様と同じものをカラフルにした物と

お分かりになりますか?

格子部分の目数も中の十字の数もまったく同じです

 

カラフルな模様で簡単そうに思いましたが

其々が小さいので

かなり面倒な作業になりました

 

持っているウクライナ関係の本の中で

一番厚みがあって重い本の中の模様です

どうも自費出版の様で

同じ模様が二か所にあるような編集ですが

面白い模様などもあり

見ているだけでも楽しい本です

出版は1992年でもう一冊小型の物が有ります

そちらは1990年の出版なので

評判に気を良くて

集大成として大判の物を出版されたのかもしれませんね

御自身が作品に埋もれた写真が入って居ます

 

 

 

今日は刺しかけのテーブルセンターの續の刺繍に掛かる予定です

 

 

 

                       ご感想のコメントを頂けると嬉しいです 

 

                                      ←このボタンをポチットして頂くと励みになります


コメント   この記事についてブログを書く
« 何方が先にの二回目です | トップ | ボーダー模様ーの中から »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ウクライナ模様」カテゴリの最新記事