いち子ばーばのお針箱Ⅱ

昭和一桁のばーばが、虜になったウクライナ刺繍を主に、エッグ・アートなどの作品をご紹介して居ります

江戸姉様人形

2009年02月07日 | Weblog

御近所の鉢植えの梅の花です

 

昨日、目白の古本屋さんで、千代紙細工の本を見つけました

祖母に習った姉様人形が出ていたのと、

ポチ袋など、千代紙で作るオーナメントの

作り方が写真で掲載されていて判りやすく

本の痛みもなく、500円と言う値段が一番魅力だったので

重さを気にせずに求めました

昭和49年出版の1,500円和紙を張ったハードカバーです

著者は広瀬辰五郎さん、和紙で有名な老舗「いせ辰」の四代目です

 

左下の人形の作り方が、祖母に習った髪の毛の白いままの

姉様人形です、衣装はもっと質素でしたが

 

12ヶ月の其々の人形が載っていますが

2月のページです

何れ月にちなんだページをお目にかけますね

 

長いこと寝せて有った千代紙の出番が作れそうです

 

 

人気ブログランキング ←こちらをポチット応援頂けると嬉しいです
一日一回のクリックがポイントになります

 にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもポチっとよろしく、お願いします  

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« ウクライナ模様のブックカバーⅡ | トップ | ガラス雛展に行きました »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (CROKO)
2009-02-07 21:08:34
こんなすごい本が500円ですか?
良い買物をしましたね。
また倉が狭くなりましたね!

長いこと寝せて有った千代紙の出番

楽しみです
古本 (谷間のゆり)
2009-02-08 21:17:59
古本を買うことは初めてでしたが、掘り出し物でした。
ご想像通り蔵が狭くなりました。
探してた本です (哉緒)
2011-01-26 17:07:36
あたしが9才の頃図書館で見つけてから購入、何体か一生懸命作りました.
とてもいい本です。
あたしは引っ越し等でなくし、本のタイトルをうろ覚えで探していて懐かしい表紙にうれしくなってしまいました。
写真にのっていた鳥居のお人形ははじめての作品でした。
大事に、楽しんでください。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事