Graffiti Decorations

私の人生は、キャンパスいっぱいに描かれ続けている。
生まれてからずっと、らくがきのように。

新しい出発

2006-02-27 00:56:25 | 自分について
主観的な自分と、客観的な自分の違いに気づいたとき。

多分、だれもが通る道なんだろうけど、私もだいぶ悩んだ。

私の考える自分は、口げんかでは負けないし、音楽ではロックが好きだったし、納得できないことがあるととことん考えるし、登山とかアウトドアが好きだったし、映画といえばもっぱらアクション系しか見ないし、どちらかというと熱い心をもって人とかかわってきたと思う。

でも、私の他人にあたえる第一印象は、おとなしい、女の子らしい、ほんわかしてる、まぁもっと言えばひかえめで平凡でつまんないとか思われていたかも知れない。

このギャップに気づき始めた頃、私はとにかく本当の自分を知ってもらおうと
みんなの前では第一印象を裏切るようなことばかりしていた。

聞く音楽もヘヴィロック路線に拍車がかかり、今までかかわってこなかった遊びも、ファッションも、とにかくいろんなものを試して自分を飾り付けた。

でも、ふと気づいて省みると、
その「みんなの前のわたし」はどこか無理していて
形作るのは空っぽの自分で
外から見ると「似合わない」と思われても仕方ないような気がした。


そのときから、私は飾るのをやめた。

自分を客観的に見て
洋服も派手でない女の子っぽい格好にして
聴く音楽も嗜好を変え
最近の流行曲やフツウの女の子が聴いてそうな曲を探して
部屋にぬいぐるみを置き
キャラクターの小物も揃え
おそらく女の子っぽいであろうと考える趣味をことごとく試した。

はじめはこんなのいつまで続くかと思っていたが
それは案外すんなりと生活の中に入り
あっさりと新しい私を作り上げた。

そして、それからできた友達からは
「意外だね」といわれることもなくなり
表も裏もないフツーの女の子になった。

それからは前より人と接するのが楽になった。
「本当の私を見て」なんてあせらなくても
周りからは親しくする前に容易に想像がつくくらい
私は見た目どおりの女になったようだ。

それはそれはラクだった。
もう趣味が「似合わない」なんていわれないし
あとから作ったはずのスタイルにも違和感なく馴染み
私は生まれたときからこんな子だったかと
自分で錯覚してしまうくらいだ。
まったくの自然体だ。


そのかわり、私はなんも変わり映えのしない、
その辺にいるフツーの女の子になった。

もう周りと区別をつけれるほどのインパクトもなく
自分でも自己紹介のとき、好きなものや趣味に迷うくらいになった。

もう自分がわからなくなった。

そしてたまに出でくる「意地っ張り」な部分や「頑固」な私。
街角でふと昔聴いていたロックが流れたときや
自分がかつてなりたかった理想の女の人を見ると
懐かしいような、かなしいような、遠い昔の自分を思い出したような気がした。

たまに友達や彼氏とケンカっぽくなったり
胸のうちの深い部分を話すと、
「意外に熱いんだね」
「そんな行動的だとは思わなかった」
と、言われることもあったが、
それはそれでちょうどいい程度の「ギャップ」として
今までどおりの私と平行して通用するような気もした。

そして今、二十歳を迎えようとする今年。

やはり、このままではいけないと思った。
したいように生きないと、人生じゃない。
でも今の自分も自分だと思うし、否定はしない。

ただ、もっともっと自分を試したい。
自分をもっと好きになりたい。
人と違う自分自身の特徴がなんなのかを、もっと考えたい。

たぶん、今年行うであろう就職活動では
これが最大の課題である気がする。

いかに自分を分析し、アピールできるか。

でも就職活動に限らず、これから生きていくうえで、
やっぱり自分を知ることは大切だ。

主観と客観、このバランスを考えながら
ベストな自分にたどり着いたとき
自分で自分を世界で一番愛しているといえる。

人から好かれることよりも、まずは自分から。

そのとき、もっともっとすてきな恋愛ができるんじゃないかと思う。

青い芝生

2006-02-22 07:21:32 | 自分について
私は、昔から何かにつけて人と自分を比較する。

別に下を見て優位に浸ろうとか、そんなものじゃない。
うらやましいと思う友達を見て、自己嫌悪と後悔に沈むのだ。

別に人と比べる必要なんてない。
私は私。
とか思っていた時期もあったが、
今思えばそれは強がりでしかなかった気がする。

結局、私は
思春期から今の今まで
隣の芝生を綺麗だと思うばかりの人生を送っている。

でもまぁ、そのおかげで常に向上心も持てるし、
目標を達成するたびに自信もついてきた。

でもまだまだ足りない。

満足するのもつかの間で、私はまた新しい芝生をみつける。

たぶん、この貪欲さが
私の一番のストレスの元で、
自分を追い詰めることとなっている。

でも当分は、この貪欲さに付き合っていこうと思っている。
自分の可能性を、もっともっと試したい。
ネガティブ思考は自分をくすませるから、あまり落ち込まないようにしつつね。
私はいつもサイアクな事態を想像しつつ、前向きだ。
石橋をたたきながら、走るみたいな。(はやっ)


私はたまに、行き詰って悩んでいるとき、「少し休んでみたら?あせりすぎじゃない?」
と言われることがある。

そのとき、私もまったくその通りだと思い、
休みたいと思う。
でも、気づくとまた動こうとする。

別に急ぐ必要はないが、このままじゃ足踏みをしてるだけで先へと進めないと、何かが私をあせらせる。


最近、私はそういう性格なんだと気づいてきた。

高校時代、勉強の意味を見いだせなくてもこつこつ勉強を続けられたのも、
辞めたくて仕方がなかった部活を結局は引退まで続けるのも、
大学辞めたいとか進路変えたいとか言いつつ進級してってるのも

たぶん、そのときの私はその理由を聞かれても答えられない。
ただわかるのは、意味を見いだせなくても、やろうと思えばするってこと。

そこは、「無意味なものはしたくない」っていう私のポリシーと矛盾してるからヘンな話だけれど
たぶん、悩んだり考えたりすることで今の状態に損傷をきたすことは避けたい、というか、
少なくとも現状維持の状態で悩み続けたい、か、
今の位置さえも失うことはしたくない、みたいな
そんな気持ちが心のどっかにあったのかな。



今日、大学を休学した友達がうちに泊まりに来る。
彼女は多分もう大学には戻らない。
大学で同じクラスだったから、在学中に少しでも悩みを分け合えていればよかった、というのは後の祭りで、彼女が休学した後に仲良くなった。

一度同じラインに立ったものの、違う道へそれぞれ進んでいる私たちは、この先もまったく違う「人生」を描くことになるのだと思う。

引き算の美学

2006-02-18 11:05:58 | hinaism
って、言葉が私は好き。

とあるアーティストがインタビューで使ってたんだけど、
まぁ意味としてはSimple is the bestってのに似てる。

子供のころは色んなものに興味を持って、色んなものに挑戦することで自分の視野を広く、人生を濃くできる。
小さい頃から、「私はこれ」みたいに、
決め付けて自分の方向性を狭めちゃだめ。
食べ物の好き嫌いもだめ。

でも、大人になったら、引き算の美学というものを考えてみる。
ある程度自分で自分という人間がわかってきたら、
必要ないと思うことを取り払って、本当に好きなものや
大切だと思うことに絞っていく。
それは子供のころと違って、引いていくことが
本人を美しくさせる。
どういう人間なのかをよりはっきりあらわすようになる。
逆にまだ色々なものに手を出して、はっきりと自己をもててない方が
見苦しいし、かっこ悪い。

自己紹介で、好きな食べ物、嫌いな食べ物に迷うようじゃダメ。

何か食べようと店に入って、メニュー表を見ながら
あれこれと時間をかけて悩むようじゃ
一刻を争うビジネスなんかに乗り遅れてしまう。

「私はコレ」
「俺はコレ」
みたいな、本人独自のこだわりを持っている人はとてもカッコイイ。

好き嫌いやワガママとは違う。
成長の過程で、いらないと判断し捨てるという選択が、
とてもかっこいい。

私はそういう人が大好きだ。

モテる女の特徴。

2006-02-17 00:56:09 | hinaism
男のことを書いたので、女のほうも。

「こういう女はモテる」とかいう定義は最近色んな本で書いてあるし、ここでは書きません。

ここでは共通点について考えてみます。

まず、これはあるな、って思ったのが、

たいていのモテ呼吸を知ってる女は、「男心」をわかっている。

というか、男のような発想や考え方をしている。

さらに、まぁ色んな本で
「私って、本当は男で、女の皮を着ているだけなんじゃないかって思うの」
とか自分でのたまっている。


ここで、男の人に聞いてみたい。
一日だけ女と入れ替われたら、どういうことする?

「男を悩殺するようなファッションをして街を歩いて、視線を集めてみたい」
とか
「カワイイ、や女の子ってことで許される範囲の罪(いたずら)をする」
とか
「女の武器を使いこなしてみたい」
とか、こういう意見を持つ人はいないだろうか?

そうそう、心は男だからどういうことすればいけるか知ってるもんね。

多分、モテる女はそういうことを考えて日々行動していると思います。

やっぱ経験からわかるのかな、これこれこういうことをすればいいって。
多分女より男の方が単純な気がするので(すみません)、男がどういうことをすれば喜ぶとか判ってるんだと思う。

私はわかりませんけど。
(てか、誰か教えてください)


逆に、今女だけど、男に一日なったところで
女を落として遊びまくるとか、そんなんできんもん。

女心なんて、理論的に説明しようなんて考えてたら一生が終わる。
複雑すぎてわからない。
それに気分屋で、自分勝手で、ワガママ。
こんな女心につき合わせて男性諸君申し訳ない↓↓くらいに、めんどっちいもんだと思っている。


モテる男は、前回の記事にあるように色気、もとい「男気」さえあれば女の子は好きになってくるはず。
ぶっちゃけ、男は「1に押し」「2に押し」34がなくて「5に押し」の世界。
(6くらいにルックス、顔とか)
そういうもんで女は男らしさを感じて惚れてしまうので、とりあえず「押し」さえうまくいけば女の子は落とせると思う。

ってことで、
モテる女は「男心」を知ってて、
モテる男は「女心の複雑さ」を知りつつ、強い「男気」を持っている
ってことで今回の日記は締めます。

どういう男に惚れるか

2006-02-16 00:19:43 | hinaism
だいぶ間があきましたが、
最近また色々と思うことが出てきたので、ちょこちょこ更新してみます。

まぁもうすぐハタチになるかくらいの(あと12日!)小娘が言うことだから
「はぁ~?何言ってんだこいつ」
って思うかもしれないけど・・・。

最近色々と友達の話やらなんやら聞いてて思ったこと。

どういう男の人がタイプか?

って質問に、まぁ人によって色々と答えがある。

「誠実な人」
これけっこー多いよね。

「男らしい人」
オトコラシイの定義はようわからんけど、よくリードしてくれるとかぐいぐい引っ張ってくれるとかいうのをだいたいこの言葉で代用。

「優しい人」
これまたビミョーなラインだけど、要はやさしくされると女の子ってコロっていっちゃうってことなんですよ。

「何か夢中になれるものがある」
スポーツでも趣味でも、コレ!!っていうハマリ物やこだわり物がある人は、人間として魅力的。


とか、まぁこんな感じなわけで。

でも・・・なんか、これを恋人選びの条件にしちゃっても、
付き合い始めはうまくいっても、
飽きが早く来るとか
別れ際には恋愛感情をもてないだとか
修羅場なんてもんがきたらモメルこと果てしない


でも、まぁ大好きな人と恋愛ができたんならそれはそれでヨシ。
っていうか、問題が起きずにずっと続けば、結婚もありうる。
むしろ「誠実さ」「男らしさ」「優しさ」がそろってたらいい旦那さんなるし!!



でも、実際結婚相手とかなんとかじゃなく、
リアルにどういう人がモテるか?って考えると、
上記の3つは当てはまらないような気がしてきた。

私とまったく同じ考えの人はそうたくさんもいないとおもうけど、同じ人も少なくないと思う。


モテる要因、それはやっぱり
「色気がある」
につきるんじゃないかと。

色気って、女の人の「いろっぽーい」とか「やらしー」とかのじゃなくて、
男の「男気」のような
異性をひきつけるような「フェロモン」みたいな
そんな感じ。

そしてその「色気」の定義っていうか、目に見えないものだしどういうもんで与えられるかってのを考えてみる。と、

ある一つの答えにたどり着いた。



今までしてきた恋愛の数が多い。
これに尽きる。



今大学ではだいたいが同い年だし、経験的にもそんな変わらないような人が多いから(ことに●州大はまじめ学生ばっか)、早熟な人がモテる。

これ、モテる人はとことんモテて、モテない人はまったくモテないの法則。

学校で見ててそのスパイラル、感じます。

早熟ってか、まぁその恋愛の質にもよるだろうけど、
脱チェリーが早かった人はどうも恋愛に関してもウワテのようだし、
自分の考えも持ってるからいい女、ダメ女を見分ける力もある、と思う。


あと女の子は年上を好むけど、これは
「頼りになる~」とか
「同年代は考え方がガキっぽすぎて無理」
とかいろいろ言うけど、
結局は年の差からなる経験数の多さと、
それに伴う「色気」が原因なわけで、
それが「男のフェロモン」になっちゃってるんだろう、と思う。


というのはうすうす感じてはいたんだけど、先日ある女の人のブログで、
「遊び終わった人の、落ち着いた感じの色気、たまらん」
っていう箇所を見て、やっとこの自論を確信。

そうそう、一度モテまくって遊びまくったことがある人って、すっごい落ち着いてるのに色気あるんだよね。。

たしかに、「何で私はこんなかるっそーな人に惹かれるんだろう」とか「うわ絶対私男見る目ない」とか思ってた時期があって、なんで好きなんだとか自己嫌悪気味で考えてたこともあった。

でもやっぱりこれって色気なんやな。

顔もよく性格もよくまったく問題ナシな男の人でも、なぜか惹かれない・・・。
っていう人は、昔あまりいい恋愛をしてない。
またはしてても、それによって得られたものがない。
それか単に恋愛経験が(少)ない。


だと、思います。

ここで重要なのは、「遊び終わった」ってこと!!
現役で遊んでたらそれこそチャラ男ですよ。
・・・。


この辺で、「いやいや誠実さは大切だって!!」って思う女の子もいるやろうし
「カル男の何がいいんだ!?」って思う男性方もオウゼイいらっしゃると思う。

でも、見ちゃったんよ。。。

結婚するまでたった一人の女の人を純粋に愛し続けて、
結婚してからもしばらくはすこぶる愛妻家な良き夫だった人が、
普通の人は人生に3度来る?とかいうモテ期で、あっさりと愛人をつくり離婚しちゃったってケース。

これ、意外に多い。

特に、それまで浮気したことない!って男の人。
結婚して、死ぬまでずぅぅ~っと一人の女の人を愛し続けるっていう責任を負うと、急に若い子の方が良く見えたり、もっと男として人生を楽しまなきゃとか思っちゃうようで。

あと結婚の話とは別だけど、誰もが誠実だと疑わなかった人が、付き合った彼女を本気で愛そうと決意していたにもかかわらず、その人と行き詰ったときあっさりと他の女に乗り換えるっていうパターンも、多い。
てかこれよく相談される。
女友達に、「付き合ったときはすごくまじめだったし、信じてたのに」って泣きながら言われると、その男を憎たらしく思う反面、おいこまれちゃうと男はやっぱ男だよなって思ってしまう。


まじで、一度は男も、遊ぶっていうか自分の身の程を知った上で、色々と恋愛経験してみるべきだと思う。
遊べと推奨してるわけじゃないけど、どうやら、モテる男はそういう過去がありそう、みたいな。

てかまぁ単に女の子慣れしてるかどうかってのがまず重要なのかも。

この遊ぶっていうのも、浮気系じゃなくて、単に合コンしまくったとかその友達ツテで知り合い増やして、長くは続かなかったけど付き合った数が異常に多いとかその辺。
誰かを傷つけて得る経験より、自分が傷ついた経験を持ってる人は、さらに色気がある。


先日そういう男性にお会いしました。
同じ大学で学年なのに、よくもまぁ高校時代遊びまくったなぁみたいな人。
勉強は勉強、女は女って感じでどっちも充実してたみたいな。

やっぱ学校でも目立つし、一味違う色気があるな、と思った。