Graffiti Decorations

私の人生は、キャンパスいっぱいに描かれ続けている。
生まれてからずっと、らくがきのように。

私らしさ。

2006-07-27 02:12:59 | 自分について
自分とキャラや容姿、考え方がそっくりな人間にもし出会ったら、
果たして私はその人と仲良くなれるのだろうか。

と、考えてみたことがある。

もちろん大して意味のないことだし
実際この質問に即答で「ムリ」って言う人と
「おもしろそう、出会ってみたい」って思う人と
まぁ半々くらいで、大して何も考えずに答えられるようなことだ。

私自身も、なんとなく
少し人間関係に行き詰って
誰か私の気持ちを完全に理解してくれればいいのに、とか
そんな人いるんだろうかとか
そんなことを考えてたときにふと思ったことだ。

これに対する私の答えは、
確実にノーだ。

「もう一人の自分」なんてものに出会ってしまったらもう
私は生きていけないかもしれない。


なぜなら、私にはほぼ相対的な価値観しかないからだ。
比較対象があるからこそその存在を認識できる。
人と自分との「違い」こそが私であり、
私らしさである。

私はそう思っている。

結局、自分自身に絶対的な自信を持っていないともいえるが、
それだけやはり私はまだまだ自分をわかっておらず、自己分析にいつも悩む。

絶対的な考えを持っていないというか、持つのが怖いだけなのかもしれない。
それが覆されたとき、精神的にそれに耐えられるほどのタフさが
私にはないからだ。


もう一人の私に出会ってしまったとしたら、
「これこそ私」「私はこういう人間」
って思ってたものが自分だけではなくなり、
実は大して今まで「これがあたし」って思ってきたスタイルは
個性的で貴重なものでは全くなかったのではないか、
今まで私がいたポジションが彼女に取ってかわられるんじゃないか、とか
そういう恐怖と戦い続ける毎日になってしまう。


このことから、今まで私は他人と違うものを選択することで
自分らしさを表現して生きてきたのかもしれないと思い始めた。

私は重要な大きい選択から日ごろの何気ない選択まで
無意識のうちにマイノリティーを選ぶことで安心していたのである。

それだけでなく、自分の居場所を様々なところにつくりたいと思っている。
そして、ある場所に居続けていたら「自分」が消えていきそうだ、と感じたら
それ以外の場所での自分を想像し、時には「自分には色々な面がある」と他人に話したりする。

きっと、私はそうやって人に話すことによって精神的に自分を安定させていたのかな。


実際、これに共感できる人って結構いるんじゃないかな。

とりあえず、考えていたら私は結局こういう人間とわかったし、
むしろ私自身の居場所探しとマイノリティーを持ち続けられるような仕事につけれれば、将来をもっと気軽に過ごせるのかも、と思いました。



2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (萌帝)
2006-08-21 00:51:23
俺も多分そう↓↑相対的価値観しか持てない。

けど逆に、他人から「萌帝って~やんなぁ」て自分の価値観を代弁されると、時にはホッとすることもある↓↑

そしてやっぱり

hinaさんはミクシィとキャラが全然ちゃうなぁ~(・∀・)
!! (hina)
2006-10-20 15:13:49
こんなに放置しまくっててごめんなさい。。

コメントありがとうございます☆



mixiは友達も見てるんで

あれが私の地です(笑)



こっちは普段いえないことや書けないことをつづってるところかなぁ。

煮詰まってくると、こういう内面をさらけ出すスペースが必要ですよね。

コメントを投稿