天瀬ひみかの真実のスピブロ♡ 『不思議の国のAmase』 AMaSe IN WONDeRLaND

不思議の国の魔法少女♪ 天瀬ひみかが、あなたを不思議の国へご案内いたします。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本日(2017年3月27日)、栃木県那須町で雪崩が発生し、登山訓練中の山岳部の高校生6人が心肺停止とのニュースが

2017-03-27 14:19:22 | 日記

報じられました。

現場は、栃木県那須町の「那須温泉ファミリースキー場」だそうです。


これまで、私が直近に繰り返してきました以下の予言警告、すなわち、


・コード210とコード296とコード297による警告→「これから山岳事故がどんどん増加する、中でも特に雪崩による被害、負傷や死が増加する」

・コード157による警告→「〈温泉〉という名が付いた場所には、自分の身を守りたければ(不運凶事に見舞われたくなければ)決して近寄るな」


・・・があったわけですが、今回の雪崩事件の発生状況は、完全に上記4コードが予告した「危機的事象現象化指定要因」が重なった危険度MAXのマルチフュージョンモードになってしまっていたわけです。


239人乗りマレーシア航空機MH370便失踪墜落事件や宇都宮城址公園まつりでの花火爆弾連続爆破テロ事件や数日前に起きたイギリス・ロンドンのウェストミンスター橋の上で発生したイスラム国のテロリストによる凶悪テロ事件の時もそうですが、私が皆様にお伝えするコードロジーの緊急予言警告を知って(今回の雪崩災害の場合は、先の2点の警告を知っていて)、それを確実に遵守していれば、誰でも100%予告された危機には巻き込まれず、大切な命も失わずに済むことになるわけです。

そうそう、先日広島県の公衆温泉浴場「みはらし温泉」で発生したレジオネラ菌による集団感染事件。その結果、菌に感染した複数の患者のうち、1人の男性の方が亡くなられる大変大きな不幸がありましたが、それについても、もしコード157の警告を知っていて温泉に行くことを中止していた人が居たとすれば、その人は今回の被害には確実に遭わず、命を失うことについても100%回避できたわけです。

「コードは絶対」ですので、コードが予告したことは必ず非常に大きな形で社会現象化(事件化)します。ですので、「コードを知る」「アカシック(の魔界性)を理解する」「世界に対する暗黙のコード支配を打ち破るためのホルス神の教えに従った〈光に添った生き方〉(「無為即自然」、「有為即神意」、化学汚染物質の排除、諸悪との戦い、世界光明化活動)を自分の足下、身の回りから始める」ということは、本当は誰にとっても(学校の勉強や諸学の知識やニュース情報や批評家の分析や他のどんなスピの学びやカウンセラーのアドバイスやスポーツやレジャーや創作活動や仕事よりも)最も重要ではるかに緊急の現実的課題なのです。




この記事についてブログを書く
« 人のコードを見るとですね… | トップ | メタフィジカルな方向に »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事