貧々自適

仕事のかたわらデジカメを構えたり
季節のうつろいや人の優しさに触れ感激する
そんな貧乏オヤジのつれづれ帳です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こよみの計算

2011-01-15 00:54:15 | よもやま話
私がブログネタのカンニングに使わせてもらっている、国立天文台のWEBサイト。
ココに「こよみの計算」というサブページがあり、面白いのを見つけました。それはコレ↓


冬至の日の、全国の「日の出時刻地図」です。

これで、初日の出が日本列島で一番早いのは「千葉・犬吠埼」という疑問が解けました(笑)
 ※北海道東端の根室より早い、但し富士山や小笠原を除く
ご承知の通り、日本列島はおおむね北東~南西方向。その結果、冬は上の地図のように
北日本でも南日本でもあまり日の出時刻に差はありません。
(せいぜい40分、稚内と那覇はほぼ同時刻)

ところが、夏になると逆転、北へ・東へ行くほど日の出時刻はどんどん早くなります。↓


夏至の日の出時刻地図で、一番早い北海道・知床と、遅い沖縄では2時間以上違います。

そしてもう一つ発見が(笑)
今度は冬至と夏至の「日の入り時刻地図」を比べるとまったく逆になります。
冬至の日の入り地図】 【夏至の日の入り時刻地図
冬至の日の入りと、夏至の日の出地図が時刻こそ違え「そっくり」でしょ?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« あっちもこっちも | トップ | 受験のお守り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

よもやま話」カテゴリの最新記事