貧々自適

仕事のかたわらデジカメを構えたり
季節のうつろいや人の優しさに触れ感激する
そんな貧乏オヤジのつれづれ帳です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

下関へ

2010-05-28 13:20:10 | よもやま話
カテゴリに悩みましたが、とりあえずコレで。
週末29・30日に山口県下関市へ行ってきます。
新幹線で、と思ったのですが、車(二男のスパイク)です。
目的は、娘が出場するコレ、またも「家内のお伴」です(笑)。

山口・下関までは全線高速で片道400キロ、乗り放題で往復4,000円!
こんな機会でもないと、なかなか行けるところではないので「仕事は休み!」
前に下関に行ったのは昭和49年、山陰ドライブ※で足を伸ばしました。
 ※神戸時代、日本海側を往復、最終的には関門国道トンネルを抜けて小倉まで
確か5日間ほどで1,500キロ足らず走ったっけ。(初代ホンダZ、360cc)
あとはブルトレや新幹線で通過しただけです。

会場は「幡生」の近く。
鉄ちゃんなら誰でも知ってますが、
・山陰本線の終点駅(列車は下関まで行きますが、幡生~下関間は山陽本線)
・国鉄時代、「下関機関区」があり、山陽線全線電化まで優等列車はここに配置されていた
 C62やC59が牽引していた
JR化後もブルトレ牽引用のEF65、EF66などがいたはずですが、現在はゼロだそうです。

さて、久しぶりの「鉄」ができる時間があるかな?(笑)

【今日の一曲】
ショパン『別れの曲』

「ピアノの詩人」とよばれるショパン、今年は、生誕200年だとか。
コメント   この記事についてブログを書く
« 真夏日がまだ | トップ | 下関行き~その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

よもやま話」カテゴリの最新記事