ついてるついてる ハッピーライフ! ~どんな時も笑顔といっしょ~

ハッピー介護トッシーのブログ。Webは「介護は今よりラク~にできる!」 https://happykaigo.jp/

優しさにもいろいろ・・・

2009年03月28日 | 施設の皆様に感謝

 昨日のブログで、台所の椅子に横になってウトウト寝てしまった・・・ということを書きましたね。私はこのことは初めての経験でした。台所に椅子を横に並べて横になるということを、一度やってみたいとは思っていたのですが・・・。

 実はこれ、妻お得意の「ちょっと寝」なんです。妻はしょっちゅうこれをやっています。ちゃんと寝ればいいのに、まだやることがあるから・・・とか言って、椅子を並べて「ちょい横寝」やるんです。

 よくそんな格好で寝れるなぁ~、といつも感心すると同時に、そんなところで寝ずにちゃんとした所で寝てくれよ・・・という不満がつい出て来ちゃうんですよね。

 この不満みたいなもの、本音を言えば、妻の体のことを気遣って言ってることなんですよね。妻にはこの辺を分かって欲しいなァ~。ところが、言い方が悪いんですかね。妻にはこれが不評で、いつも悲しい思いをさせているようです・・・。

 

 昨夜は、たまたま私がそれをやっちゃったんですね。その時の妻の反応は、どんなんだったと思われますか?実は、これが意外なことだったんです。本当に意外でしたね。

 妻が取った行動は、「そんなところで寝ないでっ!」じゃないんです。

 まず、椅子を一つ追加してくれました。そして、寒くならないように自分のコートを持って来てくれて、私が起きないように、そおォ~とやさしく掛けてくれたんですよ・・・。

 つまり、妻がしてくれたことは、私がそこで更に寝やすくしてくれたことなんですね。しかも風邪をひかないようにコートまでかけてくれた・・・。その間、「ん?もうっ!」という気配なんてまったくなし。

 私も妻も、全く同じように相手のことを思ってやっていることなのに、それをされたほうの気持は天と地ほどの違いがあったんですね。

 私は無言で行う妻のその優しさに思わず感動を覚えました。

 

 昨日、初めて台所の椅子で「ちょい横寝」したことから、相手のことを思って行う優しさの表現にもいろいろあるんだなァ~ということに、改めて気付くことができました。私が今まで優しいと思ってやっていたことは、実はちっとも優しくなかったかもしれないなァ~とも・・・。

 このあたりに気付くことって、すっごく大きいですよね! 

 この二つの優しさが母に対して施された時、その違いが大きな差となって戻ってくることがあるんです。認知症の母でもこの違いは分かるんですよね。同じ場面に対応していても、私と妻とでは母の反応が大きく違ってくることがあるんです。本当、そうなんですよ・・・。

 

 母は、今日はショートステイでお世話になっています。

 お世話いただいている皆さん、本当にいつもありがとうございます。

 母が戻って来た時には、私がもっと成長してなくちゃ~。

 

 最後までお読みいただき、ありがとうございまァ~す。 (toshi)

 

サイトに戻る!

コメント   この記事についてブログを書く
« それでもみんな、今日を生き... | トップ | 母は毎日、お仕事で忙しいん... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

施設の皆様に感謝」カテゴリの最新記事