ついてるついてる ハッピーライフ! ~どんな時でも笑顔といっしょ~

脳出血で人生が変わったトッシーのブログです。ハッピー介護の記事は2009年3月から。
ポジティブ思考で全てがハッピー!

どんな出来事も、いいほうに解釈する

2019年01月04日 | キラリと輝くステキな言葉!

新年明けましておめでとうございます。

トッシーです。今年もよろしくお願いいたします。

 

今年は新しい元号に変わる年、きっといい世の中になるだろうと思っています。

世界的にも、日本でも、自分の周りでも、そして勿論、自分自身にとっても・・・。

必ずいい年になってくれると、思っています。

 

このブログを始めたのは、2009年の3月8日です。https://blog.goo.ne.jp/himekobo1040m/d/20090308

ですから、今はもう、10年目の終盤に入っているんですね。

25年以上前から認知症だった母との生活が、あることをきっかけにして突然不思議な程楽しくなってしまったことを皆様にお伝えしたくて、妻masaと二人で始めました。

あれからもう10年。両親の介護も子育てからも手が離れたmasaは、今は自分の目指すことで、毎日忙しく動いています。

更新するのが一人になった今、飽きっぽい自分としてはよくぞここまで続いて来れたなぁ~と、本当に驚いています。

これも、ご訪問してくださる皆様のお陰なんですね。本当にありがとうございます。とても嬉しく、心から感謝しています。

そんなブログの10年目の新年に何を書こうかと思いましたが、その最初の投稿に選んだのが、今日のタイトルの言葉です。3年ほど前に書店で購入した本ですが、当時は買っただけで余り読んでいなかったように思います。

そんな本の中から選んだもので、もともとこのブログを始めた当時の考え方を表現した言葉のひとつだと思い、原点に戻った気持ちで選んでみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんな出来事も、いいほうに解釈する

 私たちは成長する過程で、自分が置かれている状況にとって、何がプラスで何がマイナスかを明確に意識するようになる。興味深いのは、異なる伝統を受け継ぐ家庭や文化の中で育ったために、社会的・道徳的に異なる価値観を持つ人は、同じ出来事に対してまったく正反対の受け止め方をするということである。

 このことから、どのような物事もそれ自体はよくも悪くもなく中立だということがわかる。よく見えるもの、悪く見えるものも中にはあるが、それは私たちがそのような見方を選んでいるからにすぎない。

 私たちはある種の出来事がマイナスの要素を含んでいたり不快だったりすると、その信念を裏づける根拠を探し求める。その反対に、プラスの要素を含んでいたり楽しかったりすると、今度はその信念を裏づける根拠を探し求める。いずれの場合でも自分の信念が正しいことを裏づける「根拠」が見つかる。要するに、自分が探し求めているものはたいてい見つかるということなのだ。

 自分がふだん不快に感じている状況に対して新鮮な解釈をすることが非常に重要なのは、まさにそういった理由による。自分が置かれている状況をプラスに解釈すれば、楽しい結果が得られる可能性が高くなる。もちろん、そうしたからといって不快な状況がなくなるわけではないが、不快な状況からでもプラスになるものが得られることが分かれば、不快な状況を受け入れやすくなるだろう。

     出来事をプラスに解釈する習慣は、
     自分にとって常にプラスになる。

                 ジェリー・ミンチントン著「うまくいっている人の考え方」より 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

この文章、何回も何回も読んで、毎日の生活の中でこういった考え方を実践したいものです。ここに書かれているように、それが習慣となってしまえば、やっぱり間違いなく人生が変わると思います。

知っているだけでは変わりようがないですもんね。

何ごとも、それを習慣にできるかどうか? それがポイントでしょうね。

ものごとを習慣にするまでに要する期間は、1年2年というそんな長い期間ではなく、もっと短い期間だそうです。一月から二月もあれば、たいていの習慣は身に付くとか・・・。

今年は、そんなことにもチャレンジしてみませんか?

明るく、楽しく、笑顔で・・・。

 

今年もよろしくお願いいたしま~す。トッシーで~す。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今年1年、ありがとうございま... | トップ | 自分をけなさない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キラリと輝くステキな言葉!」カテゴリの最新記事