ついてるついてる ハッピーライフ! ~どんな時も笑顔といっしょ~

ハッピー介護トッシーのブログ。Webは「介護は今よりラク~にできる!」 https://happykaigo.jp/

豚汁という名の 「 おでんちゃん(^_^メ) 」

2009年09月27日 | 我が家の泣き笑いストーリー

masaです。

認知症の症状には 「物忘れ」 がありますが、この時期を飛び越すと、普段できていた事が出来なくなります。

この時期になると、周りの人は心配になり、「どうなってしまったのだろう」 と混乱することになります。

特に、女性にとっては、今までできていた料理などが出来なくなることが多いようです。

主婦の多くは毎日の献立を考える時、 「今日は何つくろう・・・」 と悩むことがありますが、その事がだんだん出来なくなっていくトミスケを見ながら、献立を考える事が出来るあたりまえのに感謝しています。

 

あのシイタケが鍋いっぱい! の事件(笑)があってからは、しばらく調子のいい日が続きました。

ある意味、毎日、今日は何が起きるのだろうと、ワクワク、ドキドキしていました。(笑)

そのような中、物がなくなることは珍しくなく、鍋の蓋・フライ返し・しゃもじ・ラップなどがない時は、「ここかな?」「エッ!違う」「じゃあ ここかな?」と、楽しそうにクイズ感覚で探すことが多かったです。

そんな姿を見ていた娘に、「お母さんは、探し物を楽しんでいるみたい。変だね(笑)」と、よく笑われたものでした。

しかし、さすがに中華鍋がなくなった時には、あんな大きなものを入れる場所は限られているし、探しようがなく困りました。

どこで見つけたと思いますか?

ナント 

お布団がガバッと盛り上がっているので、「エェー! まさか」と・・・。(笑)

そっとお布団を剥いだところ、トミスケがベッドの中で、大切に抱っこして寝ていたのです。(笑) 

こんな姿も、本当に、可愛かったです。

  

さて、今日は、豚汁という名の「おでんちゃん」をお届けします。

前回に引き続いて、認知症がすすんだな! と思えた、料理編です。

 

ある日、仕事から帰って台所へ行くとお母さんが、「masaちゃん、今日は豚汁を作っておいたからね」と言ってくれました。

masaは、

「ワー、嬉しい。寒くなったから豚汁はいいね。\(^o^)/ お母さんありがとう」と言って、豚汁の顔を一度も見ないで、メインの料理を作り始めました。(笑)

 

さて、食事が完成。

「みんなご飯だよー。おいでねー」と呼んで、 

「寒くなったから、お母さんが豚汁を作ってくれたよー」と言って、お椀に注ぎ分けようと蓋を取ってびっくり

ナント 大鍋に横たわっているのは、厚さ5㎝の大根・ちくわ・はんぺい・こんにゃく等・・・。ところ狭しとゴロゴロしているではありませんか。

 

名づけて、みそ仕立てのおでんちゃんでした。

 

予想しないものが鍋に入っていたので、一番驚いたのはmasaで、本当は「ギャーと、飛び上がるくらいでした。(笑)

しかし、何もなかったかのように、器をお椀から小どんぶりに変えて、みんなに分けました。(笑)

家族は、「エッ! 豚汁じゃないの?」と、言ったものの、豚汁という名のおでんちゃんを、みんな笑いをこらえながら食べました。(笑)

今、思い出しただけでも笑っちゃいますね。

  

しかし、これですよ。

失敗をした後に落ち込ませない。

悲しい思いをさせない。

自分は幸せと思えることをする。

生きていて良かったと思えることをする。

 

今日の写真のトミスケを見てください。 

とってもおちゃめでしょ! 

この姿を見たら、何も言えなくなりますね。

 

toshiさんと、「私たちは家族だから・・・。しかし、お世話になっている施設の皆さまには、ご心配やご迷惑をいっぱいかけているだろうね。感謝だね!」と、いつも話しています。

いつもお世話いただいている皆さまに、心から感謝いたします。

ありがとうございます。

お読みいただきまして、ありがとうございます。(masa

 

サイトに戻る!https//happykaigo.jp/

コメント