ついてるついてる ハッピーライフ! ~どんな時も笑顔といっしょ~

ハッピー介護トッシーのブログ。Webは「介護は今よりラク~にできる!」 https://happykaigo.jp/

「ワッ、幽霊だ! 怖いよ~!」って思ったら・・・。

2009年05月26日 | 我が家の泣き笑いストーリー

いつもありがとうございます。

今日はちょっと楽しいお話ですよ。

写真は、勿論「母のお仕事」で、タイトルを付けるとしたら、

「ワァ~怖いよう~。ブルブルだよ~!」 かな?

このブログでは珍しく、話の内容とちょっとは合ってるかも・・・。

 

昨日は会社を出る頃には誰もおらず、私一人でした。さあそろそろ帰ろうかな、と思っていたちょうどその頃、「ガサガサッ!ガサッ!」 という誰もいないはずの静かな職場に不思議な音が響きました。

あれっ?今の音、何だろう?もしかして幽霊?

なぁ~んちゃって! ほんとは怖いくせしてなんとも頼もしいtoshi! 少し経ってまた気味の悪そうなガサッ!という音が・・・。ついに幽霊とご対面かな?と本気でそう思いました。

よ~し、明日みんなに話してやろう。みんな驚くだろうな。

「ねっ!幽霊ってホントにいるんだよ。実は昨夜ねぇ~・・・」

そんなことを考えて会社を出ました。あっ、そうそう。トイレ結構行きたかったけど、我慢して帰って来ちゃった・・・

 

家に着いたら、ちょうど妻も帰ったところで車から出てきました。妻は一旦家に来てから買い物に出かけたようです。妻は開口一番、

「今日、地震あったでしょう。ねえねえ、私お母さんと一緒にいて、その時どうしたと思う?」

「えぇ~? 地震? あれは地震だったのかぁ~」

何のこったない。私が幽霊と思ったのは地震だったんだ! あぁ~良かった良かった幽霊じゃなくって。お得意の勘違いかぁ~。

さぁ~て、妻がとっさに取った行動は何だったと思いますか?

何と、そばにあった座布団を手に取り母の頭上に差し出して、母をかばったそうです。いやぁ~、さすが我が妻、大したもんです・・・。

 

その話を聞きながら思い出したのが、だいぶ前に聞いたことがある、「お母さんの優しい手」という感動のお話でした。大垣市民病院で本当にあったお話のようで、確か子供さんが気分悪くなって食べ物をはいた時、お母さんがさっと両手を出してそれを受け止めてくれた・・・というお話だっと記憶しています。

それを妻に話したら、すかさずこんな言葉が返ってきました。

「あっ、そういうのなら私もあるよ! お母さんのウンチがポロッと落ちそうになった時、思わずさっと両手を出して見事に受け止めちゃったよぉ~! はははっ!」

へぇ~、凄いなぁ~! どんな場面か忘れちゃったけど、トイレではなかったんでしょうね。そういえば、昔聞いたことあったなぁ~。

う~ん、masaはやるね! 凄いな! 有難いね! 感謝だね!

トミスケとtoshiは、ほんとに幸せもんです。

 

母は今日もデイサービスでお世話になります。本当にいつもありがとうございます。お陰でみんな幸せです。

さあ~、今日も笑顔で顔晴りましょうかぁ~!

お読みいただき、ありがとうございまぁ~す。 (toshi)


 

サイトに戻る!https://happykaigo.jp/

コメント