豚姫による姫豚ブログ

~農場からこんにちは~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お正月の準備

2016年12月30日 | 日記
今年も残りわずかとなりました。
振り返ればあっという間の1年でした。
正月元旦から豚舎に行って、大みそかの夜まで豚舎にいて、
姫豚と一緒に、健康で働けたことに感謝してます。

今年も定期便の皆様をはじめとして、多くの姫豚愛用の皆様にご愛顧いただきありがとうございました。
豚姫も、体力の衰えが感じるようになりましたが、姫豚を待ってる人がいると思うと、頑張れる気がします。

来年も変わらぬご愛顧のほどを申し上げます。
皆様良いお年をお迎えくださいませ。

お花を飾って少しでも正月気分を味わいましょうか・・・・・・・・。

 

サプライズプレゼント

2016年12月10日 | 日記
今日も朝5時半に起床して、ぼぼちゃんとお散歩に出かけます。
あたりはまだ暗く、頭に懐中電灯をつけ、反射テープの輪をかけ、出かけます。

帰るころには体もぽかぽか、汗ばむくらいになります。
それから農場に行って、姫豚ちゃんの母さんの餌をあげます。

農場を一回りして、具合の悪い豚ちゃんはいないか、1頭1頭見て回ります。

一段落して、いると研修生のヒュウさんが、豚姫に手作りのバラの花束を持ってきて
「奥さん、誕生日おめでとう。」と言って渡してくれました。

豚姫はそのバラの花束をもらって、うるうるして涙が出てきました。
「ありがとう、とっても嬉しいよ」というと、
「お奥さんと仕事ができて楽しいしさみしくありません」というではありませんか。

なんて心のやさしい人なのでしょう。
研修期間が過ぎてもずっとずっと一緒に仕事をしててもらいたいと思いました、。
ヒュウさんがいるから、豚姫は、姫豚工房の仕事に専念できるからです。

日本にいる間は息子のように接して楽しく仕事ができ、豚姫のほうこそ、ありがとう。

  

厳戒態勢での視察

2016年12月08日 | 日記
先日、若手後継者のいる畜産農家を視察しました。
若いのに一生懸命、酪農にやりがいをもって働く姿は素敵でした。
豚姫の若いころを思い出します。

昔と違って今は、しっかりとした対策により病気の侵入が皆無で、そのため簡単に畜舎には入れません。
優秀な経営を視察させてもらうのも、厳戒態勢で農場に入ります。

確かにそのとうりです。清潔にしている農場に、外部からの侵入持ち込みによる、
病気が入ってはなりません。

細心の注意を払って畜産農家は働いているのです。
こんな思いで動物を飼育している畜産農家をどれだけの人が理解してくれているでしょうか。

皆さんがおいしい牛乳、お肉など食べられるのも、畜産農家の人々が、細心の注意を払って
仕事をしてくれているからです。