姫先生のおめめ

25年間の養護教諭の経験と脳科学、波動理論から引き出すレジリエンス向上について書いています。

「いのちのバトン」授業 感想編 その1

2007年01月23日 | 学校生活

【2007年の記事 養護教諭時代の実践】


1月22日の公開授業「いのちのバトン」への感想(その1)をアップしました。




・自分が生まれて、どれだけの人が喜んでくれたかな。すごい確率でこの世に生まれてきて、幸せものなんだということを感じて、優しい気持ちになれた。お父さんとお母さんが結ばれて宿ったこの命。もしも、二人が出会わなかったら私はここにはいない。奇跡なんだ。70兆分の1!そんな条件をクリアしてこれたのか。自信がつく。小さいことばかり考えてくよくよしないで、大きな目標を持って胸を張って生きたい。今、私の周りにいる大切な人たちのために精一杯のことをしようと思う。せめてもの恩返しかな。

・自分の生まれた確率が70兆分の1ということに驚いた。そのことを聞いて、改めていのちは奇跡だと思った。今自分がいのちのバトンを持っているけど、そのバトンをいつか自分の子どもに渡せる日が来るのかな、と思ったりもした。でも、70兆分の1の奇跡が自分の周りにこんなにたくさんあることもすごいと思った。今も、これからもひとつしかないいのちをぢ味にしていこうと思った。

・自分が奇跡で生まれてきたことを知って、感動した。涙がポロリ・・しそうになった。BGMもいい感じだった。楽しく生命について学ぶことができました。そして、赤ちゃんが意外にも重くてびっくりしました。ふにゃふにゃしてこわかったです。クイズでは、みきお先生を信じてよかった。みきお先生はかわいいです。おちゃめです。・・・生命とは神秘的ですね。もう一回、ああいう授業をやりたいと思いました。みきお先生はかわいくておちゃめですてきです。

・赤ちゃんができるまでにはいろいろあることがわかった。赤ちゃんは、自分でへその緒を作っていることなど、初めて知ることがあった。先生たちががんばって演技をして、わかりやすかった。まぁいい勉強になったと思う。また、機会があったらこういう勉強ができたらいいな。先生たち、お疲れ様でした。
・今日の授業では、クイズみたいに行って、授業ではあまりこんなことはやらないので、ふつうの授業よりよかった。今、僕たちが生きているのは親がしっかり生んでくれたからです。最近はいのちを無駄にしている人が多いです。僕たちは、何かを目的に生きています。だから、自分たちは親を大切に、そして自分の命を大切にしなきゃと思いました。

・今日の授業で、いろいろなことを考えました。いつも当たり前のように生活しているけど、今ここに、このような形で私たち一人一人が存在することは、さまざまな奇跡が重なっていたのだとわかりました。もしも、自分のお父さんとお母さんが結婚していなかったら、私は今、ここにはいない。そういうことを含め、このクラスの全員に会えたこともすごいんだと実感しました。これからは、いつもそのことを頭に入れて行動しようと思います。

・自分のいのちがこんなに奇跡的なものだなんてはじめて知りました。ちょっとでも結びつきが違っていたら、自分の顔も性格もすべてが違っていたから今あるこの自分を大切にしていきたい。そして、自分のミッションと可能性を見つけ出してすばらしい人生を過ごしていきたい。最近では、いのちを大事にできない人が増えてきているので、みんなにこの話を聞いてもらい、命の大切さやすばらしさに気づいてほしいと思った。私は、けっこう、マイナス思考なタイプなので、この話を機会に、プラス思考に考えていけたらいいなと思いました。

・自分が70兆分の1の確率で生まれてきていることが一番びっくりしました。そんな確率の中で生まれてきた私は、すごい奇跡だと思いました。この奇跡が最近は奪われているのが信じられません。自殺なんて、この話を聞いていればなかったと思いました。私は、自分の命を大切にしたいです。

・すごく初歩的なことだったけど、改めて考え直すと、やっぱり命っていうのは神秘的なものなんだなぁと思った。今の私にできることは、次に命を受け継いでいくために命を無駄にしないことだと思った。今日の授業を通して、少しでもみんなが命の大切さや貴重さを身をもって考えてくれればいいと思った。もし、私の子が産まれたら、ぜひ、この話をしてあげたいです。今日は、本当に勉強になりました。姫先生が言っていたように、自分がこの世に生まれてきたことは、奇跡なんだといつでもかみしめ、プラス思考で生活していこうと思います。

・今日の授業で、自分のいのちが、親がいて、祖父母がいて、その上、その上・・・て続いていて、その中の一人でもいなかったり、出会わなかったりしたら、自分はいなくて確率的に70兆分の1という数字で表されているのを聞いて、何か命のすごさを実感した。健康で何不自由なく位していることにも心から感謝し、満足に生きているからこそ、時間を大切に有効に使い、常に前進できるような生き方をしていきたいと思う。今日の授業をうけたことによって、今より少しでもよい生きかたをしていこうと思う。

・自分の命を大切にしたい!すごいと思った。すごい、すごい!びくりです!自分の命うまれるまでに、むちゃくちゃたくさんの人がいることに唖然!やっぱりすごいなあ・・・と。感動だなあ。

・自分が存在するのは、おばあちゃんとかその前の人が関係あるなんてびっくりした。今の自分は奇跡のかたまりなんだと実感した。クイズでも、知らなかったことなどがわかった。しかも楽しかった。いのちについて考えるなんて普段の生活ではできないことなのでそれができてよかった。

・70兆分の1で生まれてくるとわかって、今生きていること自体が奇跡だとわかった。今日の授業で、生まれてくること自体がすごいのに、自殺する人は、自分からわざわざ死んでいくのは、親に対しての侮辱だと思う。先祖をたどっていくと、ものすごい数になることをはじめて知った。だから、自分の代で家の歴史をつぶしてはいけないと感じた。

・自分が生まれてきた確率が70兆分の1ということを聞いて驚いた。とても小さい赤ちゃんからへその緒を作り出すなんてすごいと思った。自分が今ここにいるのは、父や母、じいちゃん、ばあちゃんだけでなく、もっと昔の先祖no
おかげであることもわかった。生まれたときに、右手にミッション、左手に100%の可能性を握っていることがわかった。

・僕一人が生まれるまでに僕がまったく知らない人たちの血を受け継いで、今の自分がいるなんてとてもすごいと思いました。そして、今の僕を大切にしたいと思いました。

・人間のからだって不思議だ。どういうふうにして作られるんだろう。自分がどれだけすごいのかがわかった。自分がうまれてきたのは、本当に奇跡なんだ。

・命の大切さを改めて感じた。すごく勉強になりました。自分が誕生した確率は70兆分の1というのには、驚きました。

・今日の授業で知らなかったことがいっぱいわかった。体のしくみの授業は、小学校以来だったけど、少しだけ思い出した。命の大切さがわかった。

・最初から最後まで聞いて感じたことは、自分がこの世界にいることはすごいことだと思いました。だって、まずこの世界の人の中の日本の何億人のたったふたりの親から生まれた存在が自分だと思うとじーんとしてきました。あのクイズは、第一印象なので記憶に残ってしまうのが間違う可能性があるので、以後は普通にわかりやすくしてほしいです。でも、クイズのおかげで何より最後まで楽しく授業ができました。

・命は70兆分の1で、それがつながって自分の命が生まれたなんてすごいと思いました。自分で、これをとめてはいけないと思いました。この可能性で宝くじが当たったらいいなと思いました。クイズでは、いろいろなことがわかりました。

・年末ジャンボの宝くじでも99万9999分の1だというのに、70兆分の1というのは、本当にすごいと思いました。


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« いのちの授業 実践編 | トップ | いのちのバトン 授業 感想編2 »
最新の画像もっと見る

学校生活」カテゴリの最新記事