ちいさなちいさな いのりのことば

 * にしだひろみ *

言えなかった ありがとう

2018年12月15日 | Weblog
「こちらへどうぞ」

スーパーのレジに並んでいた時、声がかかりました。

閉まっていたレジに店員さんが来たようです。


よかった、と思い、そちらのレジに移動しました。



もっと空いているレジはあったのです。

セルフレジ。

会計も袋詰めも、全て自分でするレジです。



わたしは、セルフレジは苦手。

なんだか寂しいのです。



買い物をする時、必ず店員さんにお礼を言います。

「ありがとうございました」


そのお礼は、商品に係わった全ての人への感謝のつもりです。



野菜やお肉には、植物や動物たちに、いただく時にお礼を言います。

手をあわせて、「いただきます。」



でも、それらのものが商品となってわたしに届くまでには、たくさんの人が係わっています。

その人たちへの感謝を、まとめて、店員さんにお伝えするのです。

買い物というのは、そういうことだと考えています。




さて、わたしのレジにも、合計金額が表示されました。

袋詰めは、市場かご持参のため、店員さんがしてくれました。


店員さんにお金を差し出そうとしたら、

「会計はあちらでお願いします」

と、隣の機械を指差します。



会計だけは自分で行うシステムになっていました。


わたしは、戸惑いながら、よいこらしょと、かごを移動させました。

会計の機械にお金を入れようとしましたが、初めてなので、どこにどう入れたらいいのかわかりません。


ちょっと試行錯誤の後、やっと会計を済ますことができました。

もともとぼんやりしていますので、こんな時は冷や汗が出ます。



それから、わたしは、いつものようにお礼を言おうとして、はたと、相手が機械であることに気がつきました。

もう次のお客さんが待っていましたので、その場を去らなくてはいけません。


先ほどの店員さんに、お礼を言いたかった・・。

でも、他のお客さんのお相手をされているし、

お店も賑やかだから、ここから言っても届かないだろうな。



わたしは、言いたかった「ありがとう」を、ポケットに仕舞いました。


“またすぐに、あなたの出番を見つけるからね”

心のなかで、そんなふうに詫びながら。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 今年さいごの朗読会 | トップ | 新しい年を迎え、息子が話し... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事