ちいさなちいさな いのりのことば

 * にしだひろみ *

たったひとつでいい

2018年10月30日 | Weblog
ママのための情報誌『はっぴーママ』で、絵本を紹介する小さなコーナーを持たせていただいています。

ほんとうに、とっても小さいんですけれどね、

いつも、とても大切にしている絵本を、ご紹介しています。



先日出たばかりの最新号には、こんな絵本を。

『しろくまのそだてかた』



「しろくま」ってね、「くま」じゃなくて、「こども」のこと。

子育てを、「しろくま育て」として描くことで、なんだか客観的に考えることができるみたい。



「しろくま」がお母さんに望むことが、12個だけ、書いてある。


どれもみんな、あたりまえのようなことばかりなのに、

なぜでしょう、読んでいると、胸が痛くなるのです。



もし、これから読んでみようかしら、というお母さんがいたら、

どうか、

「わたしは、これも、これも、できてない・・」

という風には読まないでくださいね。


そんな風に読んでしまったら、それこそ、あなたの「しろくま」が悲しんでしまいます。



「あ、これなら、わたしにもできるかも」

「これだけは、できてるみたい」

「ああ、このひとつだけでいいから、やってみよう」

こんな風に、読んでくださいね。



たったひとつでいいと思うの。

あなたらしさが光る、たったひとつで。


わたしにはこれがある、

そう思えるだけで、嬉しいものです。


そして、その嬉しい気持ちが、そばにいる「しろくま」を幸せにする。




まだ、うんと先のことですが、

「しろくま」とは、必ず、お別れしなくてはなりません。


最初のお別れは、「しろくま」の巣立ち。

「しろくま」が、自分の世界へと羽ばたいていきます。


次のお別れは、(順番通りにいってくれた場合ですが)、あなたがこの世を去る日。

「しろくま」が、大好きなあなたを見送らなくてはならない日です。


必ず、その日はやってきます。



それを、心に置いて、今日を生きる。

いま、こんなに近くで、あなたをひしと見つめる「しろくま」と、生きるのです。


そうすると、毎日が、ちょっと、違ってきます。




さて、わたしが、うちの「しろくま」にしてあげられたことは・・


そうねえ、

「待つ」こと、

「だっこ」、

このふたつは、まあまあ、合格点をあげられるかな・・

という感じです。



もちろん、他のことも上手にしてあげたいけど、

できないことは、「ごめんなさいね」でいいような気がしますし、

上手になりたいことは、明るい気持ちで目指していけばいいのでしょう。



そういえば、うちの「しろくま」は言ってました。


「ママのオッチョコチョイは直さないでね、面白いから」



ええ、直しませんわ。

直せませんしね。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 朗読会のお知らせ | トップ | 朗読会のお知らせ »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事