ちいさなちいさな いのりのことば

 * にしだひろみ *

音楽のちから

2018年04月25日 | Weblog
そのCD には『ending music 』という名前がつけられていました。

人生の最期の時に聴きたい音楽を集めたものだという。



静かな夜、蛙の歌をたっぷりと聴いた後、流してみました。


ああほんとうに・・

わたしの人生の最期の時にワープしたよう・・



素晴らしい音楽。

静かで、穏やかで、清らかで。



聴いていたら、急に、文章を書きたくなりました。

書きかけのエッセイがあって、全くはかどらないままだったのですが、

この音楽を聴いていたら、続きがブワーっと浮かび、最後まで一気に書き上げてしまいました。


なんという力でしょう。



いい音楽、その時に相応しい音楽というのは、芸術活動の後押しをしてくれますね。

今回、この音楽が、わたしの表現したいものに、ぴたりと一致していたのでしょう。

嬉しい驚きでした。



これから、仕上げたエッセイを投函します。

送り先はまだナイショ。



想いが、届きますように。




素敵な音楽よ、ありがとう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 父は空 母は大地 | トップ | アボンリー »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事