キッチンアドバイザーのお悩み解決!「ミセスのミカタ」

札幌発キッチンアドバイザーがココロもすっきり!キッチンが1000%楽しくなる!
キッチンの楽しみかたをお伝えします。

キッチンの高さのお悩みとシンクのつかい方

2020年06月02日 | 快適キッチンのミカタ

  ようこそ、
   ご訪問くださり
   ありがとうございます。
    ララプラスキッチンの
      HPは こちら 

 

         

        

  キッチンの理想の高さは


  身長÷2+5センチ

 
  これは


  よく知られている
  JIS規格です。

 

  システムキッチンの高さは
  85センチが
  スタンダードに
  なっています。

  

  キッチンは

  コンロキャビネット

  シンクキャビネット

  調理台キャビネット


  から構成されますが

 


   では、この高さは

   キッチンのキャビネットの

   どの作業部分を元に

   決めているのでしょうか。

        

 

    調理台の高さを

    キッチンの高さと

    しているのです。

 

   調理台のスペースは

   間口によって

   異なってきますが

 

  


   広すぎると

   作業スペースは

   確保できたとしても

   コンロとシンクの距離が

   離れてしまい

   料理をするには

   動線が多くなって

   使いづらい

   キッチンになります。

          

 

    そこで


    スペースを

    もう少しほしい

    というニーズに

    シンクを

    作業場として考える
 

    という

    発想があります。

 

 

    例えば

   LIXIL(リクシル)の
   Wサポートシンク

   

   

    ↑ LIXIL HPよりお借りしました。

 

   タカラスタンダードの
   家事らくシンクなど

   

   ↑ タカラスタンダードHPより

     お借りしました

 

          

    シンクを上下に

    多層に分けて

    作業するシンクです。

 

    この多層シンクは

    洗ったり、切ったり、
   

    作業によって

    高さを調節できるので

    身体的にも楽です。

 

          

     そして
 

    身長が低い方にも


    多層シンクは

    とても使いやすいそうです。

 

 

    あるお客様は、

    身長が低く

    80センチのキッチンを

    設置し

    多層シンクの

    プレートの

    下の位置で

    お鍋を置いたり

    お湯切りをしたり

    

   

 

    80センチより

    低い高さで

    作業ができるので

    使い勝手がいいと

    おっしゃっていました。

 

 

    多層シンクは

    キッチンの高さを

    変更できないときの

    作業点の確保も

    できるのです。

   作業点については

     こちらの記事をご覧ください。

          

    このように

   キッチンの高さは

   

   切る

   こねる

   お湯を捨てる

   菜箸で鍋をかき回す

   食器を洗う

 

   など

   作業によって

   手の高さが

   変わるのです。

   

   調理台の高さを

   基本に高さを

   設定しているのは

   「切る」「盛り付ける」等の

   作業の高さを

   目安にしている

   ということです。

  

 

        

   作業するときの

   手の高さが

   負担にならぬように

   考えていくと

   身長のお悩みで

   キッチンの高さを

   迷ったり

   家族の身長差から

   キッチンの高さに

   お悩みの時は

   だれが

    どんな頻度で

    なにをするのかを

    検証して 

   シンクの機能を使って

   解消できる場合も

   あります。

 

   多層シンクは

    調理スペースの

   確保だけでなく

    作業高さの解消にも

    なるのです。


   キッチン選びの
   参考にしていただければ
   うれしく思います。

 

    次回は
    調理台のスペースと

     シンクの大きさについて

     お伝えします。

 

   

   ここまで
   お読みいただき
   ありがとうございます。

   こちらを1クリック

       

     いただくと
    とても励みになります。


コメント   この記事についてブログを書く
« パーソナルスペースとヤマア... | トップ | 調理スペースからみたシンク... »
最新の画像もっと見る

快適キッチンのミカタ」カテゴリの最新記事