キッチンアドバイザーのお悩み解決!「ミセスのミカタ」

札幌発キッチンアドバイザーがココロもすっきり!キッチンが1000%楽しくなる!
キッチンの楽しみかたをお伝えします。

知っててほしい!コンロ周りのつかいかた

2019年09月04日 | 快適キッチンのミカタ

    

 

     

      「ミセスのミカタ」にようこそ!

      ご訪問ありがとうございます。

 

   
                   

 

      

 

     

    キッチンは イタリア語で

 

    クッチーナ (cucina)と

    いいます。

 

   火のあるところ という意味です。

 

    キッチン空間は

    火 だけでなく

    電気も 水も 使う場所

    

 

    

 

    

 

  

    だから

    空気も汚れるし

    ニオイもするし

    換気扇の音も水道を流す音も

    ゴミの発生もあるし

    光や照明の問題も

    あります。

 

     

 

     

 

    住宅の中で

  環境問題が一番 ある場所です。

 

              

 

    今回は

    コンロ周りで

    気をつけることを

    お伝えします。

                

    

    かべ側に 

    コンロが来ている場合

 

 

    現在のシステムキッチンは

    コンロから 

 

    15センチは 離れていますが

 

    

 

     少し以前の キッチンは

     ガステーブルの

     据え置きタイプが

     多く

    

     (パロマ様の画像をお借りしました)



    この場合に

    壁とガステーブルの距離が

    あまり確保できない場合が

    あります。

 

     そんな時

     

    ガスの炎で 

    壁をあたためてしまい

 

    表面は 異常がなくて

    わからないけれど

    壁の内部が 

    熱を持っていたり

    

    また 

    あるお客様の事例では

 

     リフォームの時に

    壁の内部が炭化して

    まっくろ だった 

     と伺いました。

 

               

 

     コンロは 

     左右どちらが 強火力か

     が 定められているので

     壁側のコンロは

     強火力にしない

   

 

    コンロ周りに 

    アルミのコンロガードを

    たてる

 

    

    など 

     油はねガードもかねて

    壁に 

    火力の熱が 

    いかないように 

    気をつけましょう。

    (壁が不燃仕様では ない場合)

 

             

 

     

    小さいヒヤリ!が

    300あると

    一つの大きな事故に

    つながるという

    ヒヤリハットの法則

 

 

    職場でも 

    ヒヤリハットの共有を

    されているところも

    あると聞きますが

 

    ご家庭での 

    ヒヤリハットを

    キッチン空間から

    見直して みましょう。

 

    安全にキッチンを使うことが

 

    快適キッチンの一歩です。

    

                     

 

      最後まで 

       お読みいただき

       ありがとうございます。

 

      こちらを ぽちッと1クリックいただけると 

 

        とても励みになります

 
     ララプラスキッチン HP 

                は こちらから
 
                             
 

                        
 

コメント   この記事についてブログを書く
« キッチンの使い方が変わった... | トップ | キッチンの余分3きょうだい② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

快適キッチンのミカタ」カテゴリの最新記事