何かを考えながら

中年おやじが色々なことで考えたことなどを書いていきます。

PDCAサイクル

2018年01月21日 15時22分40秒 | 日記
知っている人はどのくらいいるのだろうか?

事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。 Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)の4段階を繰り返すことによって、製品と業務を継続的に改善する。

ということ。

生産性だけを問われている人がほとんどでしょうから、こんなことしてませんよね。

ちなみに2年前にはこんなこと書いている

http://blog.goo.ne.jp/himasaku1020/e/8554e5558c164a466a57e1fd39dbc9e7

バブル景気と70歳代の元証券会社社員

2018年01月21日 15時14分56秒 | 日記
バブル景気の期間は1986年12月から1991年2月までの51か月間と言われている。
今から約30年前か・・・

今朝見たテレビに70歳代の元証券会社社員という人たちが出ていた。

彼らに言わせると、株価が今は上昇して自分が働いていた証券会社が忙しいのだという。新規の顧客対応に再雇用されたという。

彼らはバブルもバブル崩壊も知っている。

新規に証券会社で資産を運用しようとしている人はこの人たちにどのように踊らされるのだろうか?

憲法改正

2018年01月21日 15時04分16秒 | 日記
明日から今年の通常国会が行われる。
憲法9条に自衛隊を明記するという憲法改正が話題になる。

憲法改正の方法については「憲法96条」にその方法について明記されている。

第九十六条
この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

国会の勢力として衆参両院で2/3の賛成を得たところで、最後にこれを判断するのは国民である。

ただ、衆参両院での2/3の賛成を得られるようにしたのも国民である。

国民が選んだ議員が何をやっても責任の一部は国民にあるのであろう。

アメリカもそうだ。今の大統領がおかしいと言っても選んだのは国民の民意である。

どちらの国民も結局大事なのは、自分の足元なのだろうな。

昼間のラジオのいい加減な発言

2018年01月18日 22時53分20秒 | 日記
昼間に仕事で車に乗っているとラジオをつけていることが多い。
昼下がりのFMラジオ番組はいい意味で言うと「ゆったりとした」番組が多い。リスナーのメールにそれなりの返事をしたり、曲をかけたり。。。

そんな中、なんとも許しがたいいい加減な発言があった。

最初は長寿にいい食べ物の話。トマトのリコピンが長寿にはいいという話しになり、その後に自分はどこまで長生きしたいかの話にうつった。

男性DJが「長生きしても身体のいろんなところが悪くなって、老人ホームとかの施設に入ってダラダラと生きていくのは嫌だ。これから『安楽死』なんかの話も進んでいくだろうから、身体が悪くなったら安楽死したいな」

それに対して30歳前半の女性DJは「私も今の歳が人生の半分でいいかな。私も年取って身体が悪かったら『安楽死』したいな」

何とも常識を逸脱したような会話である。今でも様々な身体の不自由を負いながらも一生懸命に生きている人がいるのである。そんな方々に失礼である。

将来、『安楽死』、『尊厳死』が議論されるであろうが、FMラジオの「ゆったりとした?」番組で軽々というような話でもないだろう

病院での会話

2018年01月16日 11時42分47秒 | 日記
待合室で聴こえる他の人の会話。
どこでも同じ、病院の評価を医者の評価。

こんなことでは医療費の抑制は遠いな。