何かを考えながら

中年おやじが色々なことで考えたことなどを書いていきます。

憂鬱じゃなければ仕事じゃないか・・・

2012年07月17日 00時22分15秒 | 日記
このタイトルはとあるIT会社の社長が書いた本のタイトルですな。

3連休も終わり(実際に私が休んだのは1日だが・・・)明日から仕事の人の中には「明日からの仕事も憂鬱だなぁ~」と思いながら寝床に入っている人もいるだろう。

朝起きて、出勤前に仕事のことをあれこれ考えれば余計に憂鬱になる。

まぁ、とりあえず会社に行けばいいだろう。行ってしまえばなんとかなるだろう。

行く前からあれこれ考えるから憂鬱になる。

アントニオ猪木も

この道を行けばどうなるものか
危ぶむなかれ危ぶめば道はなし
踏み出せばその一足が道となりその一足が道となる
迷わず行けよ行けばわかるさ

と言っている。

とにかく行けば何かが進む。行かなければ何も進まずに残るだけ。

終わりは必ずあるのさ。。さぁ、明日もとりあえず仕事に行くか。

年金のはなし

2012年07月12日 12時15分35秒 | 日記
政府は「税と社会保障の一体化改革」なんて言ってとりあえずは消費税を上げてみるようですけど、以前は年金保険料の未納があれば強制的にも徴収するなんていう話もありましたな。

以前、年金の記録が消えて見直しをして年金に対するお知らせを郵便で送ってきたり民間の会社に委託して年金保険料の納付を促しているようですが、実際に今の年金に対する財政状況とか今後の高齢化社会と年齢の逆ピラミッド状況とかを見ていると年金には期待なんてできませんよ。

年金定期便なんていう郵便も来て、今まで納めた年金保険料が書かれていてこの状況で今後年金をもらうようになったらこのくらいもらえますなんてことが書かれていて、もしこの年金を20年受け取れば納めた年金保険料の10倍くらいの年金がもらえるようなことが書かれている。

でも、実際にこれは約束されたことではない。年金の支給年齢だっていつも話題にあがり受給年齢が引き上げられた離している。

こんな不確定な年金のことをあたかも「もらえます」みたいに送ってくるのって、マルチ商法と変わらないな。

スカイツリーのその下で

2012年07月06日 20時28分51秒 | 日記
先日オープンした「東京スカイツリー」に行ってきた。
電車で一駅離れれば安い駐車場があるのを知っていたので車で行き、電車で一駅移動した。

平日であったのに人はやはり多かった。スカイツリー自体に入るつもりはなかったので隣接する「ソラマチ」をうろうろしていたのだが、こちらもすごい人だった。

このスカイツリーでの経済効果はすごいものであるのだろうと思いながら、帰りは周辺はどう変わったのかと思いながら電車一駅分を歩いてみた。

歩いていてもすれ違う近所の人と思われる人に何の変化もなければ、街が変わった様子もない。ただ変わったのはコインパーキングが増えただけ。

テレビでは近所のお店でもスカイツリーにちなんだ商品を出して街の活性化をしているようなことを言っていたが、何も変わったところはなかった。

スカイツリー自体は駅に隣接しているのでスカイツリーとソラマチだけが観光地化してしまうのであろう。

周りは古くからの下町である。昔から住んでいるお年寄りなども多い。せめて交通渋滞と騒音とゴミ問題だけは出さないで欲しいものである。