何かを考えながら

中年おやじが色々なことで考えたことなどを書いていきます。

患者も賢くなれ

2010年05月23日 23時56分49秒 | 日記
具合が悪くなり、病院へ行くと診察を待っている人の多さにびっくりする。昔は2時間待って診察3分なんてこともあったが少しは改善されたのか・・・?

タイトルの「患者も賢くなれ」というのはどういうことかというと、私が6年くらい前に入院して手術した時の執刀医の言葉である。

この医師はとても努力家の方で、「患者に医療の専門用語を並べて説明してはいけないから、わかりやすい説明方法を医師は勉強しなければならない」「医師は患者さんからの信頼を得るために常に自分の技術を向上させなければならない」という方である。

私が受けた説明も非常にわかりやすいものであったし、安心して診療をうけることができる医師である。

患者も賢くならなければいけないとその医師はいう。医師が言ったことを鵜呑みにしていけば無駄な診療や薬が増えるだけであり、決していいことではない。実際、先日亡くなった私の父もかかりつけの医者から処方された薬の数はすごかった。一時は食べている食事より多かったくらいだと思う。

患者も自分の考えることを医師に伝え、自分の健康は自分で考えるということが大事なことだと思う。

先日私も耳鼻科の医者に行った。アレルギーのような症状だったがアレルギーだとは私からは言わない。「くしゃみが出る。鼻水が出る」と伝えただけである。
簡単に鼻の洗浄をして、「アレルギーでしょう」と医師が言った。ちゃんとした血液検査もしていないのに何故アレルギーだと言い切れるのか?医師が「アレルギーの飲み薬を出すから・・・」そんなことを「はい、わかりました」と返事ができるわけがない。
点鼻薬だけを処方してもらい一週間も使用したら症状はおさまった。

自分の体である。何でも医師のいいなりになる必要はない。患者も賢くなって医師を選んだほうがいい。

今日は病院だから、早起きして診察の整理券をもらうために並ばないと・・・何故病気の人間が1時間も2時間も病院に並べるのか?

病院も体が悪い人に何故そんなことをさせるのか。

もう一度自分の体の状態を考えて・・・賢くなれ。


頑張れ、宮崎県

2010年05月19日 09時50分17秒 | 日記
口蹄疫で大変な状況になっているようだ。

昨日のニュースで東知事が記者会見で質問に対して憤りをみせていた。
私は記者の無責任とも思われる質問を非難したい。
宮崎県知事は今まで宮崎県のために色々と尽力してきた人だ。今回の問題でも対応の必死さは伝わってくる。
事の重大さを考えて、これからを考えるべきであり、過去の反省はその後でもいいだろう。
とにかく、宮崎県には頑張れの言葉しかない。

遠く離れた永田町の対応のほうが対応はお粗末だろう。

頑張れ宮崎。


憲法記念日

2010年05月03日 20時53分54秒 | 日記
今日、5月3日は「憲法記念日」である。
ゴールデンウイークの中にあるので、とりあえず休みの感も強く憲法記念日であることも忘れてしまいそうだ。

憲法といえばまず出てくるのが9条「戦争の放棄」であるけど、今日の新聞に「25条」についての掲載があった。

憲法第25条 生存権 (人間らしく生きる権利)
1.すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2.国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

今の世の中では色々な面で「最低限度の生活を営む」ことができない人がたくさんいるのであろう。これらはいつ解消されるのであろうか?

この25条の意味が実感できるように世の中がよくなりますように。