深愛

思い出を光にかえる

自分と出会う

2018-04-27 08:57:18 | 
「結婚する相手と出会うことだけが、運命的な出会いだと思っている人が多いようだが、運命的な出会いと結婚とは全然関係ない。

たとえ好きな女性がほかの男と結婚しようが、こちらがほかの女性と結婚しようが、それはそれだ。

結婚というのは形式であり、世の中の約束ごとだ。

 

本当の出会いは、約束ごとじゃない。

 

たとえば極端なことをいえば、恋愛というものさえ超えたものなんだ。

つまり自分が自分自身に出会う、彼女が彼女自身に出会う、お互いが相手の中に自分自身を発見する。

 

それが運命的出会いというものだ。

たとえ別れていても、相手が死んでしまっても、この人こそ自分の探しもとめていた人だ、と強く感じとっていれば、それが運命的な出会いの対象だといえる。

必ずしも相手がこちらを意識しなくてもいいんだ。こちらが相手と出会ったという気持ちがあれば、それがほんとうの出会いで、自己発見なんだ。」

 

岡本太郎さんの言葉。

私は運命的な出会いをしてしまったんだな。
そして今ある状況への違和感。
一歩踏み出すタイミングを逃さないようにしよう。
ホントの自分になるために。
コメント

いつか また どこかで

2017-10-05 08:05:45 | 

あなたは言った。

山ヤの自分はもういないって。

山ヤでなくなったあなたは、もうあなたじゃない。

自分が何を言っているかわかっているの?

 

私は悲しい。

あなたが放った言葉。

私を知る私の友人は、あなたが私に放った言葉を

そのままあなたに返すでしょう。

だから私は誰にも言わず、自分の中に収めることにして

自分の中で受け入れた。

あなたが気づくことを願って。

 

ひとはひとりだよ。いつも、ひとりだよ。

 

たまたま「幕が上がる」劇中劇の銀河鉄道の夜の舞台を観た。

シンクロしてしまうのは何故だろう。

そして今、私の心境と彼の心境が共鳴していることに気付いた。

どうして私たちはわかりあえないのだろう。

わかっているのに、わかりあえない。

短い文章の中で何も語らずとも、私が思っていたことが事実だとわかった。

ただひとつわからないのは、その事実に対してのあなたの真実。

いやわかってはいるのだけれど、それをあなたから聞きたいだけ。

 

いつか また どこかで。

コメント

なんで?

2017-10-01 12:45:37 | 

なんでこんな試練ばかりなの?

神様は越えられない壁は与えないないというけれど、

試練、キツすぎるぞ。

もう、ヘトヘトだよ…

いつまで続くの? 

 

コメント

言葉が足りない

2017-09-30 06:00:45 | 

お互い、言葉が足りないんだよね。

私と正反対なのに似すぎている。

言葉が足りなくて誤解を招く。

いつもそう。

今回動き出した意味、

じっと考えてみたら見えてきた。

なんで率直に言わないの?

あなたに投げた言葉をあなたがちゃんと受け取るまで、

私は傍観することにした。

コメント

そうだった

2017-09-29 05:41:33 | 

そうだ、思い出した。

結果は決まっていて、いま悩んでいても、結果は決まっているんだ。

その結果までどう歩んでも、その結果にたどり着く。

それは自分で決めてきたことだから。

 

あそこの高校に入ったのも決まっていたこと。

富士山に登れたのも決まっていたこと。

結婚も離婚も、すべて自分が決めてきた。

 

今回はどんな結果なのだろう。

それにたどり着くまで、私は天に任せることにした。

日々、やるべきことを行い、やりたいことを忘れず、

自分に向き合っていこう。

 

傷にハバネロを塗られる痛みでも、

その痛みを越えていく。

この宇宙の試験結果も決まっているんだ。

宇宙は完璧な存在なのだから。

 

あなたはまだ気づかない。

あなたの意志で動いたのではないことを。

どんなに説明しても今は否定的に捉えてしまうのね。

いつかわかる日がくると信じてる。

いつかわかると決まっているから。

コメント