チコの花咲く丘―ノベルの小屋―

チコの小説連載中!完結作は「でじたる書房」より電子出版!本館「ポエムの庭」へはリンクでどうぞ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時は管理教育「この時代を」第11章 新たなる秩序 その6

2015-08-23 20:36:31 | 時は管理教育「この時代を」
 桜は満開に・・・道には新入生の姿。平成三年度が始まった。朝の支度中の、ユウの自宅。朝食を食べているユウの父親が。
「ユウ!またジャージで行くつもりか?」
「行くつもりって・・・私は今まで通りの格好してるだけだよ?」
横で聞いていた母親、
「そうかもしれないけど、ユウ。もう三年生よ?少々嫌でも、制服にしたらどうなの?今年は受験があるのよ。」
「わかってる!」
荷物を持ち、飛び出していくユウ。お父さんもお母さんも!あんな校則間違いだったって、わかってるはずなのに!・・・この間、家のポストに学校のお知らせが入っていた。
『制服は今まで通り着てくること。』
校則について詳細は、新学期が始まってからって。
 学校に着くと、部活の風景は相変わらず。髪形も・・・
「おはよう。遅刻するなよ。」
一応、先生は立ってはいるけど、ここで検査はなしか。三年二組の教室。私たち仲良し三人組は、今年も同じクラスで。
「おはよう!キョウコちゃん!」
最終学年だから仕方ないんだけど、今年は教室が三階。キョウコちゃん、きついだろうな。マコトちゃんは今年もフリースクールに行くんだって。
「ユウちゃん、やっぱりジャージにしたの?」
「まあね。あ、ベルが鳴った!・・・じゃ、あとで。」
今年の担任は家庭科の女の先生、
「始めまして。オオカワです。この一年間で中学校も最後、受験があって大変ですが、修学旅行とか楽しい行事もたくさんあります。皆、仲良くいきましょう。」
 この先生、まあ優しそうか?去年のより何倍もいいよ。鬼みたいだったよな?うんうん、クビになってよかったよ。
「こら!静かにする!」
わ、怒ると怖いよ、この人も!教科書をもらって、生徒手帳も配られる。
「では、校則について確認します。」
一緒に生徒手帳を開くんだけど・・・なにこれ?
ジャンル:
小説
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 時は管理教育「この時代を」... | トップ | 時は管理教育「この時代を」... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ytakei4)
2015-08-24 22:06:47
また校則が出て来ましたか。
こんばんは (チコ)
2015-08-25 19:50:40
>ytakei4さん

ありがとうございます。
学校に行っている限り、校則はありますよね。
あの事件を経て新年度、本当に人権無視の校則は変わったのでしょうか。

コメントを投稿

時は管理教育「この時代を」」カテゴリの最新記事