チコの花咲く丘―ノベルの小屋―

チコの小説連載中!完結作は「でじたる書房」より電子出版!本館「ポエムの庭」へはリンクでどうぞ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時は管理教育「この時代を」第11章 新たなる秩序 その9

2015-09-22 20:25:53 | 時は管理教育「この時代を」
 夜、居間で下着やタオルを取り分けているユウ。修学旅行の準備だ。ちょっとずつやっている。
「このタオルは、旅行に便利よね。使わないように分けておかないとね。」
基本、自分で全部するんだけど、お母さんも結構、手出しする。
「はい、これ。ユウ、修学旅行もジャージで行くの?」
この間、学校の説明で、修学旅行は制服で、寝る時はジャージでって言われた。
「うん。私はジャージで行くよ!」
「・・・・。ユウも、よくそこまで自分を貫けるわね。学校はこの頃、厳しく言わなくなったみたいだけど。」
 何も返事せず、黙々と用事を進めるユウ。ついこの間まで大人が、何としても皆同じになれ、だったのに。でも、今は・・・・
『ちょっと、ヘアゴムの色が茶色!何してるの!』
『お前!シャツのボタン、学校のやつじゃないだろ!』
『仕方ないだろ!ボタンが飛んで、どこかになくなったんだ!』
子ども同士で、ちょっとでも違うところを見つけて、ひたすら突きあっている。要するに、皆のほうなんだよ、厳しい規則を望んでいたのは。
「ちょっと、ユウ?」
「え?」
「何回読んでも返事しないし、どうしたの?」
「あ、そうだった?」
「そうよ!・・・あの、ユウ。このブラジャー、もう小さくない?買いなおさないと。」
「いらない!」
嫌だ、そんなの!ユウ、怒り心頭で、
「私、何でそんな所ばっかり大きくなるの!」
「ユウ!何言ってるの!この間の健康診断、身長も伸びてたんでしょ!」
 走り出すユウ・・・わかってない!お母さんわかってない!私がどれだけ傷ついてるか!バスタオルをもぎ取り、そのまま脱衣所へ。目を閉じて浴室に飛び込み、シャワーを頭から浴びる・・・どうして?どうして嫌なところばっかり大きくなるの?他の子はもっと理想の体になってるんだよ!・・・二月に私、十四歳になったのに。
 
ジャンル:
小説
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 時は管理教育「この時代を」... | トップ | 時は管理教育「この時代を」... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ytakei4)
2015-09-23 19:17:42
わたしも小学生の時、胸がちょっと
膨らんだことがありました。ホルモンの
関係らしいです。
お久しぶりです。 (千菊丸)
2015-09-24 20:38:09
自分だけ胸が大きいと、何だか恥ずかしいですよね。
修学旅行だと、一緒にお風呂に入らないといけないから、どうしても目立っちゃいますよね。
こんばんは (チコ)
2015-09-28 20:25:38
>ytakei4さん

ありがとうございます。
思春期って、いろいろなことが起きますね。

>千菊丸さん

ありがとうございます。
ですよね(´・ω・`)自分だけ大きいって気になるし、
みっともなく感じたりしますよね。
修学旅行、ユウはどうするんでしょうね?

コメントを投稿

時は管理教育「この時代を」」カテゴリの最新記事