筒坊ブログ (資格にチャレンジ)

アラ還おじさんが、文系資格(中小企業診断士等)にチャレンジします。そして、人生100年時代を楽しみます!

体の痛みには勝てません

2020-10-18 12:00:20 | つぶやき・随感_

こんにちは、筒坊です。

今の仕事に移り、約1ヵ月半、経過しましたが、1日中の立ち仕事のため、日に日に足痛みが激しくなってきました。

出典:いらすとや(筋肉痛)

そこで、昨日、整形外科で診察してもらったところ、「①大腿筋(「だいたんきん」と呼ばれる、太ももの筋肉)が痛んでいる、②今後、腰なども傷め、歩けなくなる可能性がある。③今は、足を休めることが大切(立ち作業を止めると治る)」と言われました。

当初、今回の仕事は、人も優しいし、仕事も比較的容易ですし(分析、現場サンプリング)、継続できるかなあとも思いました。しかし、長時間の立ち作業による痛みや病気には勝てません。おそらく、30代で数回の骨折や肉離れで痛めた筋肉が、今回の長期の立ち作業で再び悲鳴をあげ始めたのではと思います。少し、痛みを治して、再度、資格の活用(体にやさしい新仕事)にチャレンジしようと思います。

もう少し、冒険の旅 (資格活用の)は、続きそうです。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FP勉強3~保険は最強の味方 | トップ | GoTo・・・ »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (WIND)
2020-10-20 01:28:40
身体を使うのは大変になりますが、
年齢を重ねた分最初は大変ですし慣れるまでの時間は
若い時と比べて時間がかかると思いますが、
ある程度身体を鍛える?のは老後の健康にもつながると思います。肉体労働系が定年後も色々できるのは、体力があるからだと思っています。
せっかくい艦橋でのお仕事ですので、もう数か月だけでも踏ん張ってみられたら身体も慣れてくるのかも?
ちょっともったいないなと思いますのと
短期間で転職を繰り返すと採用も資格も知識もあってもマイナス要因にならないかなと心配でもあります。
と言っても関係ない他人の意見ですので、参考程度にしてください。
もう、身体が動かないところまで悲鳴をあげているのかも知れませんし、そこら辺はご本人しか
分からない事ですので。
Unknown (筒坊)
2020-10-20 22:24:54
色々とご心配やアドバイスを頂き、有難うございます。

今の仕事は、初日から足が痛くて辛かったのですが、数週間経てば、慣れてくるかなと期待していました。しかし、痛みは段々ひどくなり、整形外科の医師からも、これ以上無理をすると歩けなくなる可能性があるとも言われて、私には長時間の立ち仕事は難しいなあと考えています。

ジョギングもできるし、肉体労働は大丈夫と自信もあったのですが、実際やってみると違いますね。この調子だと、同様な立ち仕事である、警備員や掃除のお仕事も私にはできないと思いました。(年配の方々が多くやっておられますが、足腰が強くて、凄いなあと感服します)

また、確かに転職を繰り返すと、辛抱できないすぐにリタイヤするマイナスの評価を受けるかもしれません(以前、人事採用系で面接担当もしていましたので、そのような考えの面接官もいましたので)。でも、手前みそながら、私は、一応、最初の会社では30年以上継続勤務し、いくつかの転職会社のエージェントの方々から、それは素晴らしいこととお褒めのお言葉も頂戴しております。20~30代でたくさんの会社を転職を繰り返すと、マイナスの評価も受けるかもしれませんが、60才前後の年配者の転職の繰り返しは、人生色々経験できて楽しいとも考えています。ある転職エージェントの方からは、そのようなコメントも頂いています。

とりあえず、いつまで現仕事を続けられるかはわかりませんが、処方箋で痛みを緩和しながら、様子をみようと思います。
Unknown (WIND)
2020-10-21 00:33:09
歩けなくなるとかそういうレベルなのですね。
余計なことを言ってしまい申し訳ありません。

自分も室内の仕事ばかりですので、基本外で働く仕事は体力が持たないと思っています。
警備や清掃なのどの仕事も体がしっかりとしている
事が第一で、これも長生きににもつながりますし、
強い体を持っていることは一番の財産になるのだなとこの歳で感じています。

筒坊さんは、キャリアもありますので、
即戦力として評価される部分も大きいかと思います。
体調と相談しながら次の仕事にも支障が出ないうちに良いところが見つかることを願っています。

Unknown (筒坊)
2020-10-24 07:09:55
いいえ、どういたしまして。最初、痛いと言うだけでは、妻にも信じてもらえませんでした。今回、医師の判断を伝えると、彼女も現職は早く辞めた方が良いと考えを変えたようです。

また、確かに、強い体を持っていることが、一番の財産ですね。元気であれば、高齢でもニーズの高い肉体労働でも何でもできますから。自分は元気だと思っていましたが、50代で色々と病気を患い、体がガタガタになってきたように感じています。でも、何とか、少しずつ、健康回復に努めたいと思います。

これまで数年間、「資格活用」を第1に転職活動を進めてきましたが、これからは、得意な「キャリア」を第1に、仕事を見つけていきたいと思います。しかし、その前に、まずは、足の痛みを治していきたいですね。

互いに、健康第1で、頑張っていきましょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

つぶやき・随感_」カテゴリの最新記事