「百家争迷」

歴史に照らし現代を見る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「目立つことは何でも」と揶揄される小池百合子都政※曖昧な表現、明確でない。

2017-06-18 10:33:00 | 歴史は語る
「目立つことは何でも」と揶揄される小池百合子都政 「都民ファースト」は監視できるのか?都民ファーストの会の総決起大会で、あいさつする東京都の小池百合子知事=1日午後、東京都内のホテル、 小池百合子都政は10カ月が過ぎた。支持率が6割を超え、人気が衰えないのは見事だ。 ただ気になることが3つある。 1つ目は「決められない知事」との評判だ。五輪関連予算、豊洲市場移転問題など相当時間がかかった印象がある。結果、「小池都政になって何をやったの?」と思ってしまうがいかがか。街頭演説で小池さんは、「私のこと決められないと言っているが、あっちなんですよ」と反論していた。本人も気にはしているようだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 訴訟起こせば、翁長氏個人に... | トップ | 「共謀罪反対」集会で演説し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史は語る」カテゴリの最新記事