彦中三八ブログ 

彦島中学校を昭和38年3月に卒業した同期生のためのブログ。 掲示板「彦中昭和38年卒同期会」にもお立ち寄りください。

知床半島のエゾシカ

2010年10月28日 17時31分48秒 | 動植物・自然
羅臼の町近くで出会ったグループの中の一頭ですが一番道路の近くにいた♀です。


道路から4~50m離れていましたが、車を止めてカメラを出すと、
直ぐに警戒して、子供の傍に行き、こちらを見つめていました。


僕はレンズの中の親子だけを見ていたので気が付きませんでしたが、
多分、他の6頭も同じように立ち止まり、こちらの様子を伺っていたのでしょう。
僕が少し前に出ると一斉に奥の藪近くへ走り出しました。


すると、今まで姿が見えなかった♂が藪の中から出て来ました。


合計9頭が僕のことを警戒して、じっとたたずんでいます。


この間、道路では車が5~6台行き交っていましたが、走っている車には見向きもせず
カメラを抱えている僕だけを警戒していました。


10分ぐらいたったでしょうか、おもむろに一頭が藪の中に入って行くと、
後は順次、藪の中に入って行きました。


一番離れていたのは、多分、若鹿だと思います。


その若鹿が皆の後を追って行くと、初めて♂も動きだし、
最終的にはハーレムの支配者らしく最後に藪の中に入って行きました。


こちらは、知床五湖へ向かう道の脇で小雨の中、草をはんでいた♂です。


想像ですが、こいつはハーレムを持てなくなった年老いた♂だと思います。
守るべき♀もいないのでしょう、一人悠然としていました。


僕は左前方へ向かっていたので、道路の左脇に車を止め、ウインドウを開けて撮影していましたが、
当然、僕とこいつの間を何台かの車が通りすぎて行きましたが、まったく無視していました。


今度は、知床五湖の遊歩道です。
駐車場から入って直ぐの場所だったので、少し道幅が広いですが、
さすがに横を通り抜けることは出来ませんでした。


2mぐらいに近づくと、やっと熊笹の中に入って行って道を開けてくれました。
シカは熊笹の中に入れますが、私達人間は絶対に植生を踏むようなことはしないでくれと
入場時にきつく云われていたので、ニアミスするしかなかったのです。


結局、このエゾシカはどういう状態のシカなんでしょうか?
僕には若い♀のように見えますが、アップで見ると、以外と凛々しい顔をしています。

by T
コメント   この記事についてブログを書く
« 彦島シーレディース | トップ | 北九州ラーメン 一福 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

動植物・自然」カテゴリの最新記事