彦中三八ブログ 

彦島中学校を昭和38年3月に卒業した同期生のためのブログ。 掲示板「彦中昭和38年卒同期会」にもお立ち寄りください。

彦島の見どころ

2011年05月30日 02時28分23秒 | 彦島各地訪問
荒田のフェリー乗り場に、彦島の案内板がありました。


この案内図だと、彦島の実勢が分かりやすいですね。
大和町から彦島に入る車は、関彦橋(かんげんきょう)を渡って、
すぐに右折・左折する車は少なく、直進し彦中下の交差点まで来て、
左折することが多いのです。

また、案内図中央上部から彦島道路を通って、彦島に入ってくる
車の多くは迫町で下りずに、最終出口の彦中下の交差点まで来ます。

従いまして、大和町に面する海士郷(あまのごう)、老(おい)、
本村、江浦町のかっての賑やかだった道路が、今ではマイナーな
道路になっています。

替わりに彦中下から福浦口、「県道田ノ首下関線」と書いている
地図下部中央の郵便局辺りまでが、現在の彦島のメインの通りに
なっているのです。

要するに案内図に入れた赤いラインの道が、今の彦島のメインの道
なのです。

僕らの彦中時代のマラソンコース、あの鄙びた道が、今、最も
交通量の多い道になっているのです。

塩浜町と、塩浜町の東に隣接していた山林が向井町となって、大きな
住宅地になった結果、彦島の「中心」が移ったのですね。


彦島の見どころだって。こうして見ると、ほんと!見るところ少ないよね。
西楽寺の仏像や清盛塚は、彦島人の95%は見たことがないだろうし、
老の山の桜は「大改修」でほとんど伐採されてしまったし、巌流島へは
森君の船を頼めば、行こうと思ったら行けるけど、普通は唐戸からの
渡船で行くしね。

だけど、観光名所が多いからいい町と言えるわけでもないしね。
また、下関の人は眺望に価値を置かないけど、弟子待から見た
関門海峡は、超絶もので素晴しいし、老の山から見る響灘も捨てた
もんじゃないしね。
僕ら、「しみじみと考えると、人当たりが良くていい町だ」と言われる
ように、努力していきたいよね。

by K
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自前のクレーン | トップ | いざ、門司港へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
彦島 (灯台守 やっさん)
2016-08-21 19:51:10
「彦島」で検索していて、こちらのブログにいきあたりました。あの関彦橋の坂を回避して自転車・徒歩で彦島に渡る方法はないかと、、、、

> 弟子待から見た関門海峡は、超絶もので素晴しい

まさにそのとおりですね。先日ウチから毎日望んでいる弟子待に初めて行ってきたところでした。

下関関連記事、期待しています。

弟子待の対岸、小森江にこの夏ゲストハウスを開業した やっさん より
彦島 (灯台守 やっさん)
2016-08-21 19:53:10
<正常送信されないので、もしかしたらなんどもコメントいったかもしれません。>

「彦島」で検索していて、こちらのブログにいきあたりました。あの関彦橋の坂を回避して自転車・徒歩で彦島に渡る方法はないかと、、、、

> 弟子待から見た関門海峡は、超絶もので素晴しい

まさにそのとおりですね。先日ウチから毎日望んでいる弟子待に初めて行ってきたところでした。

下関関連記事、期待しています。

弟子待の対岸、小森江にこの夏ゲストハウスを開業した やっさん より

コメントを投稿

彦島各地訪問」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

彦島はこんな形です (日子のさらさら日記)
   この間、フェリーふく彦を撮りに行ったときに見つけた、「彦島案内図」です      右側の船島というのは、巌流島のことです。彦島の右上は、本州の端っこ。 本州の先っちょ、九州の手前は実はこんな風になってるんですね~ (下の画像をクリックすると、字が読....