彦中三八ブログ 

彦島中学校を昭和38年3月に卒業した同期生のためのブログ。 掲示板「彦中昭和38年卒同期会」にもお立ち寄りください。

有馬富士

2018年02月02日 11時28分15秒 | 全国各地
「有馬富士」・・・
名前から有馬温泉の近くにあるような響きですが、
有馬のある神戸市ではなく、北隣の三田市内にあります。
有馬温泉から直線距離で約15km離れたところにあります。

なぜか、何年か振りに有馬富士のことを思い出し、
昨年の師走、有馬富士とその周辺を
自転車でポタリングしてきました。

「有馬富士公園」の駐車場に車を停めて、まずは
有馬富士を眺めました。
駐車場から目の前に眺められます。

なるほど、円錐形に近い形の山です。
しかし、「富士山」には少々遠い感じ・・・
「アンリマー!(これが)富士?」と
言ったとか言わなかったとか

有馬富士の近くに寄っても
あまり変わらない感じ。


この辺りには、このような円錐形に見える山がたくさんあります。
というか、日本中、富士山に似た山は多いですね。

三田に有馬富士があると知ってから、
車で三田を通るたびに、どれが有馬富士なのやら
と思うほどでした。

有馬富士の近くに千丈寺湖があるので、
千丈寺湖と有馬富士のコラボ写真をと思い、
その湖畔を走りました。
湖畔に出ると、目の前に
有馬富士よりも富士山っぽい山が目に入ります。

少し走って遠くを眺めると、あそこにも、又あそこにも・・・

ダム湖の千丈寺湖の畔は自転車に快適な道路が整備されています。

暫く東西に延びる湖に沿って走ると、
アーチ橋が見えてきて、
その橋からは北の方に湖が伸びています。

アルファベットのLのように広がっているので、
この形に添って湖畔を一周します。
遠くに、少し高くどっしりとした山が見えますが、
ダム湖の名前の元になった千丈寺山(589m)です。

水上には、釣舟がいくつか浮かんで、釣りを楽しんでました。

千丈寺湖は、L字に曲がった川を堰き止めたのではなく、
二本の川の合流したところにダムがあるので、
L字のように見えます。

この案内板は、湖の北端にありますが、
南にある有馬富士が上に位置して描かれているので、
逆さL字になってます。
ダムの下流は武庫川に合流し、大阪湾に注いでます。

千丈寺湖を後にして、県道を走ると、
印象的な山、飯盛山が目に入ります。

「飯盛山」--アチコチに同名の山がありますが、
読み方は、こちらは「イイモリヤマ」、大阪のも「イイモリヤマ」。
長野県の野辺山にあるのは同じ字で「メシモリヤマ」
日本語は難しいですね。

こちらは、有馬富士より少し低い、361m。
夕暮れが近づき、駐車場へとまっしぐら。
今回は、車で有馬富士公園まで行きましたが、
少し暖かくなったら
家から直接自転車で行ってみようかと思ってます。

湖に映える有馬富士の写真を胸に描いて臨みましたが、
見落としたのか、その様な景色には出会えませんでした。



by W
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 琵琶湖疎水周辺の紅葉 | トップ | お花見ポタリング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

全国各地」カテゴリの最新記事