雪だるま倶楽部

日々を離れ
日常から脱却した世界
そんな風景を切り取っています

大阪くらしの今昔館

2019年01月23日 | 大阪散策
住まいをテーマとした日本初の専門博物館



開館は平成13年4月



大阪市立住まい情報センタービルの
10階から8階にかけて
下りながら見学



9階には
江戸時代の大坂の町並みが再現されている



専門家による学術的考証をもとに
伝統的工法を用いて実物大で復元





家具・調度も再現し
当時の暮らしを体現できる





着物のレンタルもあり
今や外国人観光客に人気のスポットとなっている



8階に降りると
そこは模型と映像の世界



近代から現代へまで
住まいの近代化と
市民生活を
精密な模型で現している













大型映像と駆動式の模型を組み合わせた人形劇
「住まいの劇場」の主人公の声は八千草薫
豪勢な展示である
コメント (3)

真如堂

2019年01月20日 | そうだお金を使わずに京都を巡ろう
不断念仏の道場



真正極楽寺
通称「真如堂」



京都各所を転々とし
現在の地に落ち着いたのは
元禄6年のこと



本尊は阿弥陀如来




「頷きの阿弥陀」とも呼ばれている



慈覚大師円仁が一刀三礼にて彫刻したものと伝えられている



秋の頃
境内は真っ赤に染まる



境内散策は自由



近年紅葉シーズン人気のスポットである

コメント (6)

吉田神楽岡町

2019年01月17日 | そうだお金を使わずに京都を巡ろう
吉田山は標高102mの小山である



その山麓東面に位置する一帯に



この吉田神楽岡町は存在する



大正時代から昭和の時代にかけ
この借家郡は造営された



造営したのは大阪の実業家
谷川茂次郎



新聞用紙の運送業で財を成し
吉田山一帯の土地を取得



山頂付近に
茶室8席のほか
月見台や楼閣をもつ広大な庭を造園した



この借家も同時に造営され
京都帝大や
三高の教官たちが間借したという



現在
山頂付近で営業する喫茶「茂庵」は
かつては食堂棟であり
「茂庵」の茂は谷川茂次郎のの名から一文字拝借している

コメント (6)

和中庵

2019年01月14日 | 京都 特別公開
藤井彦四郎が贅の限りを尽くして造営した邸宅



和中とは



何事にも偏らず公平に
との意



鹿ヶ谷桜谷町の土地一万数千坪を取得した藤井彦四郎は
この地に本宅造営を決断



大正15年3月
工事を開始



昭和3年4月
お披露目の会を以って完成



山麓にある
邸宅から見下ろす風景は絶景



皇族も来訪したというこちら



現在はノートルダム女学院中高の所有



秋の特別公開で訪問

コメント (8)

禅林寺

2019年01月12日 | 京都散策
通称、永観堂として知られる寺院



浄土宗西山禅林寺派総本山の寺院である



もみじの永観堂として知られ



見事なまで
境内は紅に染まる



拝観料は
秋の京都では最も高額の1000円



それでも
境内には千人を超える拝観客で埋る



拝観料に見合う風景を求め
広い境内を散策



以前にも記したが
こちらの寺の通称「永観堂」は「えいかんどう」と呼ばれている



永観とは
中興の祖とされる7世住持なのだが



「えいかん」ではなく「ようかん」と読むのが正しい

コメント (8)