雪だるま倶楽部

日々を離れ
日常から脱却した世界
そんな風景を切り取っています

平安神宮

2019年05月23日 | 京都散策
平安神宮
元は平安遷都1100年を記念して開催された
内国勧業博覧会の会場



平安京遷都当時の大内裏の一部を
復元しようと計画されたのだ



しかし用地買収が難航し
実際には原寸の6割強のサイズで復元



博覧会に先立ち
平安遷都を行った天皇
第50代、桓武天皇を祀る神社として創祀



博覧会ののち
会場は平安神宮へ



昭和51年、放火で
本殿・内拝殿などが焼失する事件があったが



全国からの寄進で
今日の風景を取り戻す



春の頃
神苑では桜の花々が競演



泰平閣も誇らしげである


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 原谷苑2 | トップ | 桜井一番街 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (j-garden-hirasato)
2019-05-23 06:24:32
原寸の6割強とはなりましたが、
京都のど真ん中に、
よくこの広さを確保しましたよね。
この庭園は、
7代目・植治の作庭。
桜の時期に行きたいですねえ。
Unknown (アンジェラおばさん)
2019-05-24 07:11:16
20年以上前にこの桜を見て感激したことを思い出しました。
今もなお心を震わせる見事な桜を
咲き続けさせている神宮に感謝ですね。
Unknown (yaguchitennga)
2019-05-24 08:27:24
平安神宮の桜も見事ですね
いつかいってみたいです
学生時代はスナップばかりで
風景を全く撮っていなかったので
平安神宮には足を運んだ事が無いのが残念です
Unknown (hal@kyoto)
2019-05-25 15:06:20
平安神宮の桜,お見事ですね,
短い開花時期に合わせて庭園に入るのは難しい
でしょうね。
j-gardenさんおはようございます (雪だるま)
2019-05-26 07:41:29
博覧会会場としては少し小さめですが
当時ならこの規模で十分だったことでしょう
その跡地が今日も残されている
特に、神宮の神苑は仰せのように植治の作
見るものを魅了する庭園です

訪れるのなら春の頃が一番
開花時期は遅めで市中のソメイヨシノが散った後満開になります
アンジェラおばさんおはようございます (雪だるま)
2019-05-26 07:42:54
満開の神苑は
見たものを魅了します
こちらの庭園はまた日本を代表する作庭者の作
相乗効果で見事な風景を見せてくれます
yaguchitenngaさんおはようございます (雪だるま)
2019-05-26 07:44:15
雪だるまと逆のルートで写真をされていますね
雪だるまは最初の頃は三脚必需の風景オンリー
最近では三脚は押入れに入りっぱなしで手持ち撮影オンリーになっています
halさんおはようございます (雪だるま)
2019-05-26 07:46:54
京都の桜は法則がありまして
最初に開花するのが御所の糸桜や水火天満宮などの同じく糸桜系
やがてソメイヨシノが開花し
あちこちの名所が見ごろになります
そしてソメイヨシノが散り始めると
原谷苑や平安神宮などが満開に
最後に仁和寺が満開になります

コメントを投稿

京都散策」カテゴリの最新記事