贔屓のひきたおし

歌舞伎や他の芝居を見て感じた感想を綴っていきます。
お話の中心はたぶん海老蔵さん。とても好きなので・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2006年を振り返って・・。

2006-12-31 23:20:37 | つぶやき
2006年最後の一日もあとわずかとなってしまいました。
一晩寝ると年賀状が来ているのかと思うと不思議な気がします。
それほど今年はなぜか「年末感」がありません。

例年仕事納めの日は、自分の机近辺の大掃除をし、
午後からはみんなでビールなどで乾杯して、
年末の挨拶をしてから帰るという習慣でした。
それが今年は大掃除もなく、乾杯もなく、
なんとなくあっさり休みに入ったという感じです。
そんなこともあって年末感がないのかもしれません。

でもせっかく大晦日なので、すこし2006年を振り返ってみたいと思います。

海老蔵さんの襲名公演も2005年で終わり、
2006年は少しのんびり出来る1年かな・・・と正直思っていました。

でも1月2月の「信長」、4月のこんぴら歌舞伎、5月の團菊祭、5月~6月のロンドン・オランダ公演、7月の泉鏡花作品上演、8月の市川流舞踊会、9月の映画「出口のない海」公開、10月の寿曽我対面での団十郎さんの復帰、11月の花形歌舞伎、12月の「紅葉狩」と、やはりあっという間に過ぎた1年でした。
なかでもこんぴら歌舞伎のチケット確保、ロンドン・オランダ公演のチケット確保と旅行のアレンジ、そして「出口のない海」の特別試写会入場券入手には、かなりの時間とエネルギーを使いました。

こうして一所懸命観てきた海老蔵さんの舞台で感じた事を、
きちんと残しておきたいと思って始めたブログでしたが、
なかなか書ききれなくて、自分の非力を感じた1年でもありました。
来年はそういうところをもう少し努力したいと思います。

1年間の海老蔵さんの舞台で1番印象深かったのは、
4月のこんぴら歌舞伎での六段目の勘平です。
義父を殺してしまったと思い込んだ勘平は、
ひたすらその罪の重さにおののき、怯え、
自分で自分を追い詰め、ついには自害をしてしまいます。
「いい人過ぎて墓穴を掘る」ような勘平にしたいという海老蔵さんの言葉通りの勘平でした。

それにしても改めて振り返ってみると、
海老蔵さんは1年間ほとんど毎月のように出演されていたのですね。
セリフを覚え、稽古をし、25日間演じ続けるには、心身のコンディション維持を含めて大変な努力をされていた事と思います。本当に頭の下がる思いが致します。

年が明ければ、2日は大阪松竹座の初日、2月は博多座、3月はパリ・オペラ座公演とやはりスケジュールがいっぱいです。
来年もいい舞台をたくさん見せていただきたいと思います。
そう願いつつ、2006年最後の記事をアップする事としましょう。

皆様、どうぞよいお年をお迎え下さい。

コメント

出刃打ちお玉のネタバレ

2006-12-30 20:46:07 | 芝居散歩
クリスマスイブに観て来た【出刃打ちお玉】。
クリスマスバージョンだったと、先日書きましたが、
その様子をちょっとお知らせしておきますね。

最初の場面から28年後。
青い木の実のような娘との“遊び”を終えてくつろぐ正蔵(梅玉さん)とのところに、お玉(菊五郎さん)が庭から声を掛けにやってきます。
特に笑いが出るような場面ではなかったのに
まず一階の上手の席がどっと沸きました。
何事?と思い舞台上をよく見ると、なんとお玉、頭には赤いサンタのような三角帽子、首にはキンキラキンの長いモールを掛けた格好で腰を曲げてよろよろ歩いてくるのです。

梅玉さんも最初は気づかないので、情事の余韻に浸りながらも、
しかめ面をしていました。
でも客席があんまり沸いたせいか、ふと菊五郎さんに目をやりました。
一瞬信じられない・・・という顔をされ、あとは笑いをこらえるのに必死。
顔を下手側にそむけ、「あっち行ってくれ~」と右手で払ってした。
そんなことにはお構いなしに寄って来る菊五郎さん。

時間にしたら数秒の短い時間でしたが、なんか楽しいひとコマでした。

クリスマス、千穐楽はどんな様子だったのでしょうか。
どなたか行かれた方がいらっしゃったら、教えてくださいませ~。

コメント

暮れもいよいよ・・・。

2006-12-30 20:30:17 | つぶやき
暮れもいよいよ押し迫ってきました。
私は年賀状書きとHDD整理に追われています。
と言っても家族が大掃除をしている中、
年賀状を書いているというのもなんとなく後ろめたさがあって落着かないもの。
また、年末年始は録画したい番組が増える割にHDDの空き容量があまり無く、
年賀状書きの合間を縫って、
HDDに録り貯めた番組を整理してDVDに移すという作業をチマチマやっています。
どっちも中途半端で中々終わらない・・・・。

テンプレートを変えてみました。
松の内が終わるまでちょっとお正月気分にします。
コメント

出刃打ちお玉 クリスマスバージョン

2006-12-24 22:21:19 | 芝居散歩
今日、歌舞伎座を昼夜観てきました。

夜の部の【出刃打ちお玉】で、菊五郎さんがやってくれました~。
クリスマスバージョンです。
客席は大うけ、梅玉さんも素で笑ってしまっておられました。

今日はイブで、明日がクリスマス。
明日も何か飛び出すかもしれませんね。
なのでネタバレは止めておきます。


コメント

12月歌舞伎座 舞台写真情報

2006-12-23 21:52:28 | 海老さまFile
今日、所用で歌舞伎座近くに行ったので、
歌舞伎座で舞台写真を買ってきました。

海老蔵さんの写真は125番~128番の4枚。
【紅葉狩】の変身前(美しい赤姫)が2枚と、
変身後(恐ろしい鬼女)が2枚です。

赤姫はとても美しいのですが、
鬼女のほうは、なんかカブキスタイルのロックスターのように見えます。う~ん。


《12/24追記》
海老蔵さんの舞台写真番号、25~28番とお知らせしていましたが、
125~128番が正しい番号でした。お詫びして訂正します。
本文も修正しておきました。
コメント

松竹・永山会長ご逝去

2006-12-18 22:07:52 | 芝居の周辺
松竹の永山会長が今月13日に急逝されました。毎日新聞訃報記事
享年81歳。

新聞報道によると10月末頃の定期健康診断で急性白血病であることがわかり、入院されていたとのこと。
16日には葬儀がとりおこなわれ、團十郎さん・海老蔵さん親子も参列したそうです。スポーツ報知

同じ報知の別の記事に團十郎さんの談話が載っていました。
「父たちの代から、歌舞伎を支えてくださった方が亡くなられた。ただただ残念」
「私も100%じゃないけれど、全部(永山さんが病気を)持っていってくださったのかなと思います」と話されたようです。
詳細はこちら
團十郎さんご自身が急性白血病だったことを思うと、
ファンとしても複雑な気持ちになります。

今夜(12月18日付)の朝日新聞の夕刊には河竹登志夫さんが追悼文を寄せられております。
松竹の創業者である大谷竹次郎さんは「歌舞伎を世界の演劇の中に位置づけること」が宿願だったそうで、永山会長が「その志を引き継」いで、海外公演を積極的に進められたのだそうです。
最近では確かに、勘三郎さんのニューヨーク公演、海老蔵さんのパリ公演、ロンドン・オランダ公演と海外での公演も本当に頻繁になってきました。永山会長もきっと喜んでおられたでしょう。

これからもこの動きを止めずに、
また同時に国内での歌舞伎公演も充実させて
歌舞伎が一層発展していくことを望んでやみません。
コメント

足腰よろよろ・・・・

2006-12-17 19:24:17 | つぶやき
久しぶりにテニスを始めることにし、
昨日、テニススクールの体験レッスンなるものに行ってきました。

海老蔵さんにはまって以来、観劇に忙しく、
それまで行っていたフィットネスクラブにも行かなくなり、
すっかり運動から遠ざかっていましたが、
ダイエットも兼ねてテニスを始めることにしたんです。

久しぶりの運動。
覚悟はしてましたが、もう本当に足腰よろよろ・・・。
スマッシュの練習の時には、足が絡まって後ろにでんぐり返りをしてしまうという情けなさ。
もっとショックだったのは、サーブのためにボールを上に投げる腕力もなくなっていたこと。
サーブを打つにはある程度の高さが必要なんですが、そこまでボールがあがらないんです。
こんな簡単なこともできないほど、筋肉が衰えていたなんて・・・・・・。
もう本当に愕然としました。

今朝は当然のことながら、全身筋肉痛。
目が覚めても起き上がることもできませんでした。

来年の春ごろには何とかほっそり、軽やかになっていたいものです。
コメント

雑誌『和楽』に、海老蔵さん登場

2006-12-17 18:39:59 | 海老さまFile
12月15日発売の雑誌『和楽』1月号に海老蔵さんの記事が掲載されています。

「今月の人」という1ページだけのコーナーで、
弁慶が花道を引っ込む時の写真と、
この1年の海老蔵さんの活躍と来年3月のオペラ座公演への期待に触れた記事になっています。
ご本人へのインタピュー記事はありません。
正直、なぜ今「今月の人」なのかなぁ・・という気がしました・・・・。

『和楽』1月号は、実はメインは勘三郎さん特集で、秋の全国芝居小屋巡業への密着取材の様子が別冊になってくっついています。
中村屋さんのファンには超うれしい1冊だと思います。

「和楽」は定期購読が主の雑誌なので、書店では購入できませんが、
バックナンバーで欲しい号だけ購入する事が出来ます。
詳しい事は、和楽のHPをご参照下さい。

いきなり購入するのはちょっと・・・と思われる方は、
大きな書店には見本誌が置いてあることもありますので、
それを探してまずご覧になるのがいいかもしれません。
コメント

元禄忠臣蔵 3ヶ月連続観劇記念!

2006-12-11 20:37:29 | 芝居の周辺
国立劇場の開場40周年記念で、10月から3ヶ月連続で上演されている【元禄忠臣蔵】。
国立劇場にこの3ヶ月分の半券を持っていくと記念品の手拭いをくれることになっており、今日母が貰ってきました。
10月~12月の各月で大石内蔵之助を演じた吉右衛門さん、藤十郎さん、幸四郎さんのサインが染め抜かれています。
私も今月中にゲットできる予定です
コメント

12月7日付 日経夕刊劇評

2006-12-08 22:32:11 | 海老さまFile
昨日、トラックバックのことに気を取られていたら、なんと日経夕刊に12月の
歌舞伎の劇評が載っていたのを見落としてました

タイトルは『海老蔵と菊之助、際立つ躍動感』。
評者は上村以和於さん。今月もまたべた褒めです。

記事全体の約3分の1が海老蔵さんの【紅葉狩】評。
少々長くなるので気が引けますが、海老蔵さんに関する部分を抜き出しておきます。

 このところ海老蔵と菊之助の活躍がめざましいが、今月の歌舞伎座も二人が主演する演目がひときわ活気がある。
 「紅葉狩」の海老蔵の更科姫が、実は戸隠山の鬼女であるという正体を現すところが実に面白い。普通の演者が新歌舞伎十八番という品格を守って鬼女の不気味を表現するところを、海老蔵は大胆にも姫の姿のまま大きく股を割って変心そのものを演じる。舞踊劇という枠を破ってドラマが躍動する。それでいて前シテの姫、後シテの鬼女と一貫して、本来この役は立ち役の俳優の役であるという原点に返ってみせる面白さがある。


【紅葉狩】の幕切れのカラー写真が添えられています。
コメント (2)