贔屓のひきたおし

歌舞伎や他の芝居を見て感じた感想を綴っていきます。
お話の中心はたぶん海老蔵さん。とても好きなので・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海神別荘に酔う・・・

2006-07-30 23:36:08 | 海老さまLive
昨日歌舞伎座の昼の部【海神別荘】を観てきました。
先週末に観たときはあまり感じなかったのですが、
今週末の舞台は本当にとてもいいものになっていました。

なんというか、鏡花のセリフの美しさが
音楽のように奏でられて心地よく耳に入ってくる感じ・・とでも言えばいいのでしょうか。
特に玉三郎さんと海老蔵さんの言葉の響きの美しさに酔いました。
泉鏡花のセリフそのもの美しさとその言葉が音となって表現されている美しさ。
一日以上経った今でも、波間に揺られているようなふわふわした陶酔感が残っています。
玉三郎さんのいう「泉鏡花先生のセリフをどう日常的な言葉として普通にしゃべって、お客様に特別なものと聞かせないようにするか。それが出来れば、非常に幻想的な演目になる」というのは、こういうことだったのか・・・と思いました。
幻想的というのは、単に舞台装置が、舞台設定が、話の筋が・・ということではなく、芝居を観ながらセリフを聞きながら、観るものの頭の中に創造されていくえもいわれぬ感覚のことを言っていたのではないかと。

海老蔵さんの演技はより緩急・強弱がつき、彫りの深いものになっていました。
玉三郎さんも細かい演技をお変えになったようで、先週はどっと笑いが来てしまったところも今週は皆が固唾を呑んで見入っておりました。
この後半に来てもお二人が工夫を重ねておられることにも頭が下がります。

いいものを観た・・・と今は素直にいえる気持ちです。
今日はもう少しこのふわふわした余韻につつまれていたいと思います。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 海老さまロンドン公演がイン... | トップ | 七月大歌舞伎 千秋楽 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (kirigirisu)
2006-07-31 11:48:31
はじめまして。kirigirisuと申します。いつも拝見させて頂いています。



>音楽のように奏でられて心地よく耳に入ってくる感じ

初日に見たときは、みなさん台詞を言うのに精一杯という感じがしましたけれど、先週拝見したときは、まさしく玉三郎さんがおっしゃっている「日常的な言葉として」こちらに伝わってきたように感じました。



特に、後半の海老蔵さんの公子は、言葉を丁寧に伝えようとしていると共に感情の細かい動きを表現していたのが印象的でした。
コメントありがとうございます。 (hikitaoshi)
2006-07-31 21:14:41
kirigirisu様



はじめまして。

コメントありがとうございました。

同じ感想を持っている方がいらっしてとてもうれしいです。

本当にしり上がりにいい舞台になりました。



ぜひ再演して、もっと完成度の高いものにしてこの演目が「歌舞伎の財産」として残るといいですね。

コメントを投稿

海老さまLive」カテゴリの最新記事