贔屓のひきたおし

歌舞伎や他の芝居を見て感じた感想を綴っていきます。
お話の中心はたぶん海老蔵さん。とても好きなので・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サドラーズウェルズ劇場の様子

2006-07-01 22:26:45 | 海老さまLive
今日はサドラーズウェルズ劇場の様子をお知らせしておきましょう。

サドラーズウェルズは現代的な作りの劇場です。
外装はレンガ張り風。
客席部の壁や天井は黒・銀を基調とした直線的な内装で、
コクーンやパルコ劇場を思い出させます。
パリ・シャイヨー宮劇場もパイプ作りのようなモダンな感じでした。
ヨーロッパでKabukiというと、
こういうモダンな劇場で行うイメージなのでしょうか。

花道は意外にもかなり長いです。
舞台からやや斜めにはでているものの、
まっすぐの花道で三越劇場の2.5倍はあるかと思われます。
海外としては立派なもの。
これだけあれば、「かさね」の連理引きもバッチリ!と安心致しました。

3階にも上がってみました。花道がよく見えます(冒頭の写真)。
こういう客席の構造は、日本の劇場でもぜひ参考にしていただきたいですね。
この写真は劇場備え付けの幕になっていますが、芝居の前には定式幕に変わります。

(写真のアップの仕方をようやく覚えました。
 6月27日の記事にも写真を添えました。これから時々写真もアップして行きます。)

コメント   この記事についてブログを書く
« 6月大歌舞伎 昼の部 | トップ | ロンドンで見たワールドカップ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海老さまLive」カテゴリの最新記事