贔屓のひきたおし

歌舞伎や他の芝居を見て感じた感想を綴っていきます。
お話の中心はたぶん海老蔵さん。とても好きなので・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デジカメ★ニュースでパリ・オペラ座会見放送中

2007-03-11 20:15:44 | 出口のない海
CS放送・歌舞伎チャンネルのデジカメ★ニュースで先日のパリ・オペラ座記者会見の様子を放送中です。
放送期間:3月9日~15日
コメント

【出口のない海】DVD発売日

2006-11-27 00:10:36 | 出口のない海
ポニーキャニオンのHPによると、『出口のない海』のDVD発売日は2007年2月23日のようです。
11月16日の記事でもお知らせしたとおり、演舞場においてあったチラシには近日発売と書いてあったのですが、実は3ヶ月も先ですね~。

詳細は、上記ポニーキャニオンのHPから「DVD・ビデオ新作情報」→「リリース速報はこちら」をクリックして「2007年2月発売作品」というところをご覧ください。

どうも2種類でるみたいです。
初回生産限定の【特別保存版】と【普通版】ということでしょうか。

特別保存版は何が違うんでしょうか。
特典映像がつくのでしょうか。
もしそうなら、ガイドDVDとダブらない内容にしていただきたいですね。
コメント   トラックバック (1)

【出口のない海】 DVD 近日発売

2006-11-16 00:00:01 | 出口のない海
【出口のない海】が早くもDVDとして発売されるそうです。
演舞場においてあったチラシには『近日発売』としか書いてなかったので、具体的な発売日は不明です。価格もまだわかりません。

また何かわかったらお知らせしたいと思います。

コメント

三度目の並木浩二クン

2006-10-26 00:35:13 | 出口のない海
先週、3度目の『出口のない海』を観てきました。
時間と場所柄、会社帰りのサラリーマンやOLが多いようでしたが、座席的にはゆったりとしていました。

歌舞伎座での完成披露試写会、公開初日舞台挨拶付上映会と
特別なシチュエーションで観た前回2回と異なり、
今回は気分的にも体力的にも余裕をもって観られたせいか、
今までとは違う所にいろいろ感じ入りました。

一番強く感じたのは、並木浩二くんていうのは、
とっても当たり前のふつ~の青年だということ。
おそらく、この二十一世紀に生きる野球少年と比べても
あまり大差が無いかもしれません。

自分の合い方であるキャッチャー君が軍に志願する!と言っているのに、
「俺の魔球はどうなるんだ?お前がいなくなったら受けるヤツがいなくなる」と自分の魔球のことをまず先に心配するノンポリぶり。

陸上部の北クンやキャッチャー君のように
強い意思やキッカケがあったわけではないのに、
周囲の雰囲気に釣られたのかその日のうちに志願を決めてしまう。
ちょっと流されやすい所もありそう。

「国ってなんだ?」と父親に聞かれて、
「国は国でしょ、日本とかアメリカとか!」と
ちょっと苛ついて答えてしまう青年。
本当は国とは何かなんて考えたことが無いのかもしれない。
だって野球のことしか考えたこと無いんだもん。

たぶん並木浩二くんという青年は特別な青年ではなく、
ただただ野球が大好きなごく普通の青年なんですね。
野球の事だけ考えてたら幸せ。
その点、現代の高校球児たちと何ら変わらない。

だから軍隊に入ったあとの厳しい状況下でも、
話題が野球になるとぱぁーっと表情が明るくなる。
野球の話をするときの、並木くんのこの表情の変わり方・・とてもいいと思いました。
今回映画をみて一番感じたのはこの点です。
野球の話題になるたびに、並木くんの表情がすごく輝くんですね。
野球大好き!っていう並木くんの気持ちがすごくよく伝わってきました。
そして彼がより身近な青年に感じられました。
もしこれからまだ映画を見る方がいたら、そんなところにも注目してみてください。

コメント

【出口のない海】の上映予定

2006-10-18 00:52:25 | 出口のない海
17日(火)に、
有楽町の丸の内ピカデリー2に【出口のない海】を観にいってきました(感想は別途アップします)。

窓口で聞いた所、丸の内ピカデリー2での上映予定は
一応10月27日までのようです。

まだご覧になっていない方、前売り券をお持ちの方、お早めに!

18日(水)と25日(水)はレディースデーで女性は1000円です。
歌舞伎会のカード提示でも1000円になります。

今日は6時35分からの最終回に行ってきましたが、
座席は比較的ゆったりと座れました。
予告編が長い(20分くらいやっている)ので、
多少遅れても大丈夫です。

観ようかどうしようか、迷っている方、ぜひどうぞ!

コメント

【出口のない海】パスネット

2006-09-22 20:37:12 | 出口のない海
関東地方の私鉄で共通に使えるパスネットというプリペイドカードがあります。

【出口のない海】が、このパスネットカードになりました!

9月1日から発売されており、1枚1000円。
東京メトロ(旧・営団地下鉄)の各駅、および定期券売り場で買えるそうです(但し、北千住駅(日比谷線)、中目黒駅、中野駅、西船橋駅、代々木上原駅、和光市駅、目黒駅を除く)。
私が確認した範囲では、日比谷線東銀座駅、半蔵門線半蔵門駅のパスネット販売機で売られていました。

迷わず数枚購入。
皆さまもぜひ、お財布に一枚、海老さまパスネットを!

詳細は東京メトロのHPで。

コメント

【出口のない海】公開記念弁当!

2006-09-18 22:44:37 | 出口のない海
【出口のない海】公式ブログに載っていた
期間限定のお弁当『海老三昧御膳』を買ってきました♪

お値段、880円也。

茹でた海老、海老のてんぷら、海老チリソース、海老カツ、海老餃子と海老三昧なおかず。
なかなか上品な味付けで、家族にも好評。

フタにはしっかりシールが。

「祝 市川海老蔵映画初主演
映画「出口のない海」公開記念
佐々部清監督 出演者大絶賛
海老三昧御膳
9月16日(土)全国ロードショー」

映画とお弁当をドッキングさせるなんて面白い事を考えるんですね。
だけど海老蔵さんファン以外で、どういう方が買うのだろう??
コメント

【出口のない海】公開初日舞台挨拶記事

2006-09-17 14:23:51 | 出口のない海
予定通りに帰国でき、映画チケットもネット購入できましたので、
昨日の公開初日舞台挨拶付の回を見てきました。

海老蔵さんが、歌舞伎座試写会のときの口上風の挨拶ではなく、
自分自身の思いをしっかりと語っていたのが印象的です。

舞台挨拶の記事がいくつかのスポーツ新聞に掲載されてますのでご紹介します。

ニッカンスポーツ (写真あり)

スポーツ報知 (写真あり)

サンスポ (写真なし)

トーチュウ(写真なし)
コメント

映画 【出口のない海】での海老蔵さん

2006-09-15 02:58:44 | 出口のない海
昨日の記事に作品の感想を書きましたが、
今日は海老蔵さんの演技について感じたことを書いておこうと思います。

主人公・並木浩二を演じる海老蔵さんの演技はとても穏やかでした。
エンディングに「市川海老蔵」の名が流れたとき、かすかに違和感を感じたほどです。
歌舞伎役者「市川海老蔵」より、「堀越孝俊」の名のほうがふさわしい気すらしました。
おそらく「堀越孝俊」という一人の青年が本質的にもっているピュアさが、
期せずして画面に引き出されていたからだと思います。

「市川海老蔵」がピュアではない・・・ということではありません。

「市川海老蔵」は歌舞伎役者の名前であり仕事の名前ですから、
海老蔵でいるときは、やはりどこか構えたり、
なにか鎧を身に着けているようなところがあると思うのです。
そういうものを脱ぎ捨て、ほぼ同年代の一人の人間としてこの役に向き合い、役を生きた。
その間、彼なりに感じたこと考えたことがいろいろあっただろうと思います。
スクリーンにいる並木浩二には、同時に海老蔵さんの内面的な純粋さが透かし出されているように思えました。
コメント

映画 【出口のない海】 感想

2006-09-14 03:26:42 | 出口のない海
【出口のない海】

海老蔵さんのこの映画への出演が決まった時、
いくら大好きな海老蔵さんの主演だと言っても、
戦争映画を見るのはいやだなぁと正直思いました。

歌舞伎座での試写会に行く前も、まだ同じ気持ちが心の奥でくすぶってました。
しかし実際には、「戦争映画」という言葉から当初想像していたような暴力的なシーンはなく、扇情的でもなく、むしろ淡々とした映画でした。戦争の悲惨さを直接的に描くのではなく、今の平和な時代との対比によって戦争のむなしさがよりくっきりとあぶりだされてくるのです。

『出口のない海』は戦争映画というよりは、青春映画だと思いました。
生きていた時代が太平洋戦争中だというだけで・・。
主人公・並木浩二は甲子園の優勝ピッチャー。
今は大学野球に籍を置いており、
美しい目鼻立ちのなかにも男らしさのある青年です。
その彼がどんな恋をし、どんな思いで戦争と向かい合ったのか。

観終わって、「ああ、もっと生きることに頑張ろう」と思わせてくれる映画でした。

海老蔵さんが嫌いな人にも興味のない人にも、ぜひ見ていただければ思います。
きっと何かを大切なことを感じてもらえる映画です。
熱狂的に盛り上がった高校野球の熱気がいまだに冷めやらぬ今年のこの時期に、
この映画が封切られることの不思議を感じずにはいられません。

きらきら輝く心と瞳をもった並木浩二という青年に会いに、
また映画館に足を運ぼうと思います。





コメント (2)