穏やかに過ぎ行く日々・・・!

それなりの年齢での日々の暮らしに感謝しながら歩んで行く。
サイクリング・ハイキングに熱中した頃を懐かしみながら。

映画/大いなる旅路・・・何となく見てしまった

2022年11月24日 | AV
TV放送では
毎月第1日曜日はスカパー(CS)無料放送日となっており
多数の番組を無料開放してくれている。

今回は11月の当日に東映チャンネルで無料放送されたもので
古い映画だが、なぜか気になる俳優・三国連太郎さん主演の映画なので
何となく録画していた。

実は、邦画は殆ど見ないのでほったらかしにしていたが
日中ずっと雨の予報の1日、何となく早送りしながら
ちょっと見て見ようとなった。
しかし、段々とその先々が気になりだして、
結局最後まで見てしまった。
途中で、ほろりと涙が出るとは思わなかった。

国鉄の機関士とその一家の30年間の物語。
大正末期から満洲事変~日中戦争~太平洋戦争へと移る
激動の時代の北国・盛岡が舞台。
長男、次男、三男そして長女の波乱な人生も。
定年が55歳だったんだ。
高倉健が若すぎる。

調べて見ると、当時
三国連太郎 37歳
高倉健   29歳
だったようだが、もっと若く見えた。

1960年の作品で白黒ワイド(シネマスコープ)画面だった。
古い映画だったので、スタンダート画面ではないのが不思議だった。
調べるて見ると、1957年に日本でシネマスコープ誕生になったようだ。
その第1号の東映映画「鳳城の花嫁」のカラー作品を映画館で見ている。
デカい画面に興味があっただけで見に行った記憶があるが
凄くデカいワイド画面に驚いたことを思い出した。
映画好きな母のお陰で子供の頃は邦画をよく見ていた。
しかし、いつの間にか殆ど洋画だけを見るようになっている。

飢餓海峡
三国連太郎さん主演。
この作品は何年も前にTVで見ているが
内容は殆ど覚えていない。
今年5月に録画したのにほったらかしだ。
3時間ほどの長編なのもあり見そびれている。
この機会に見て見ようかな?

コメント    この記事についてブログを書く
« 散歩/小野工業団地・縦走コース | トップ | ハイク/県立三木総合防災公園へ »

コメントを投稿

AV」カテゴリの最新記事