さいきんの流星光/2018
売れない漫画家は楽しいぞ~!ナガレボシヒカルのクールな日常
 





これで、人生で何度目だ。

4回目か5回目のギター熱が、

ランタンのあかりのように、ポッと燃え始め、

いつ消えてしまうかわからない状態で、

ポッポと燃えております。


クローゼットの奥から、1200万円のギターを引っ張り出してきて、

チューナーをひっつけて、弾いております。


思えば、

僕はいつからギターを弾きたいと思っていたのかというと、

高校生の頃、古道具屋さんで二千円のフォークギターを

親に買ってもらったのが最初。


東京に出てきてから、友達に借りていた時期もあったし、

そのギターを別の友達に貸したら油性マジックで落書きされて、

持ち主に死ぬほど怒られたりしました。


そのあと自分で買ったりもしたし。


結局、僕という人間は、練習ぎらいで仕方ないんです。

まったく練習しないもんだからちっとも上達しない。

15万円のテレキャスターも、

20万円のレスポールカスタムも、

すべて中古楽器屋さんに売ってしまいました。


手元に残ったのは、どうせ売っても二束三文にしかならん…つーか

0円でも売れないだろうなっちゅーアンプ内蔵型の短いスケールの

おもちゃみたいなギター1本。


何度目かのギター熱の時に、古道具屋さんで、

1200円で購入したギターが写真のギターです。

ヘッドに「SELDER」と書いてありますが調べてみると悪評ばかり。

初心者向けに15,000円くらいで

「エレキギター、スタートキット」などと銘打って

ギター、アンプ、弦、ストラップ、ピック、シールドと

とりあえずひと揃え入ってるセットの中に収納されているギターらしい

という情報がネット上にありました。


現在は、ピックアップを3つとも全部引っこ抜いて、

その穴に、サウンドホールのような役割をさせて使用しております。

でも、クローゼットの暗がりから取り出してみると、

以前ほどチューニングは狂わなくなってるし、

ネックも反りやねじれがなくて、わりといいギターではないかと感じました。


エレキギターなので、重いのが難点ですが、

とりあえずこれで練習してみます。


アマゾンで、のみを注文して、

サウンドホールの部分の木材を、も少しけずってみたらどうか、とか。

ボディ部分を軽くしてしまうとネックとのバランスが崩れてしまい、

ストラップで肩からぶら下げた時にネックの方が落ちてきてしまうのではないか、

とか考えておりますが、まあ、やってみてからですね。


肩からかけることなんて、まずないし。


では、また。




--------------------------------------------
■奥さんのツィッター(猫写真、映像たくさんあります)
■流星光のツィッター
■まんが倉庫

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑楽しんでいただけたらポチッとお願いします!
--------------------------------------------
タイムマシーン・ジャーナル
--------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ユニ クジを... そういえば昨... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。