さいきんの流星光/2018
売れない漫画家は楽しいぞ~!ナガレボシヒカルのクールな日常
 





おととい、DELLの24時間電話サポートに電話して、

結果、新しいモニター送りますよ、ということになった訳だけど、

今日の朝8時に、届きました。

もちろん無料。

お金は一切かかってません。


前のと、まったく同じものではないんだけど、

ほぼ同じもの。

調子いいです。(当たり前か)
 


DELLの電話サポートで対応してくれたのは、

中国人の〇〇さんという人だったんだけど、

電話で、サービスタグとか
エクスプレスコードとか説明するときに使うのが、

フォネティックコードってやつ。


まあ、僕は、DELLの電話サポートの時くらいしか

聞いたことがないんだけど。

でも、DELLに電話すると、必ず使ってきます。

たとえば、こちらが

「A」

って言うと、

向こうが、

「アメリカのA」

というふうに復唱する訳さ。

「E」だと

「イングランドのE」


「H」は、

「ホテルのH」

「G」は、

「ゴルフのG」


ってな感じでね。

実際にアメリカとかで使われてるフォネティックコードとは

ちょっと違うみたいなんですけどね。

DELL独自のモノがあるのかも知れませんね。


よく、アメリカ映画とかドラマとか見てると、

無線で

「フォックス」とか「チャーリー」とか
「ノーベンバー」とか「アルファ」とか
「ブラボー」とかいう単語が出てくると思うんだけど、

ドラマ「24」とかで、ジャック・バウアーがよく言ってましたよね。


あれが、フォネティックコードなんですよ。

で、DELLに電話すると、いつも後悔するんだよね。

自分の中で、準備してないから、

たとえば「K」は、どうやって説明すればいいかわからずに、

「えと…、K…」

って言うと、向こうが

「〇〇のK」って言ってくれる訳ですよ。


なんか、負けた気がするんですよね。

で、次のために、自分のフォネティックコードを準備しておこうと思いました。

でも「K」って、単語の数も少ないし難しいんです。

「コリアのK」か?

「キロメーターのK」かな? とかね。

まあ、そんな感じで、英語辞書とにらめっこしてた訳です。


以上。




--------------------------------------------
■奥さんのツィッター(猫写真、映像たくさんあります)
■流星光のツィッター
■まんが倉庫

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑楽しんでいただけたらポチッとお願いします!
--------------------------------------------
タイムマシーン・ジャーナル
--------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 今日のお昼「... 草野球前の朝... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。