さいきんの流星光/2018
売れない漫画家は楽しいぞ~!ナガレボシヒカルのクールな日常
 





バスが息をひきとりました。

シャワーで濡れた髪を乾かすため
ドライヤーを持って洗面所に行く時に見たら、

「ハッハッハッ…」

人間がジョギングしてる時くらいの呼吸の速さだったんですけど、

ドライヤーして戻ってみると、

息は止まってました。

2018年3月7日 午前9時46分。


僕は、10時からアシスタントのお仕事が始まるので、

トトに「健康缶」という腎臓ケアのペーストをあげて、

給水用注射器で水を飲ませました。

そこで5分前のアラームが鳴って仕事部屋へ。


「作業開始します」

とスカイプで打って、10時ちょうどに

お世話になった動物病院の先生に電話しました。

「さっき、亡くなりました」

先生にお礼を言って、作業開始。


昼ごろ、妻と電話で火葬のことや業者について相談。


けっきょく火葬は、焼却炉を積んだ車で家まで来てくれて、

焼いて、骨を骨壺に入れて渡してくれるサービスにしました。


お骨を入れるカプセル2つついて、19,200円。


お葬式とかは、なし。

人間用の葬儀とか、猫に関係ないし。

なにより、その場合、

喪主はバスの兄妹のトトであるわけだし。

それに、ユニもクジも出席できない葬儀なんてあり得ません。

出席できたとしてもケージの中?

っていうか、猫たちに、人間用の葬儀の意味なんてわからないでしょう。



ユニやクジの態度をみてると、

小学生のころ、おじいちゃんが死んだことを思い出します。

子供って、あんな感じだよなって思いました。


なんか、訳がわからず。

親戚がたくさん集まってきて楽しいような。

みんな泣いてるけど自分は全然悲しくないな、とか。

ご遺体が箱に入れられてるけど、近づけず。

ちょっと遠くから観察する。



トトは、バスの遺体のことは完全無視。

どう思ってるのかわかりません。



バスの死をとおして思うことは、

やっぱ、歳をとった猫って、

かまってないとすぐ死にますね。

たぶん20年以上生きてる猫って、

ものすごくお世話されてると思う。


こまめに体調管理して、エイジングケアして、

療養食に切り替えたりして、

たくさんたくさんケアしてもらった猫は長生きすると思いました。


バスもトトも、体調悪くなる前は、けっこう放置してましたからね。

ユニとクジが若くて元気でかわいかったから、

そっちにばかり目がいってしまって。

反省。


トトには、もう少し長生きしてほしいので、

たくさんケアしてあげようと思います。










--------------------------------------------
■奥さんのツィッター(猫写真、映像たくさんあります)
■流星光のツィッター
■まんが倉庫

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
↑楽しんでいただけたらポチッとお願いします!
--------------------------------------------
タイムマシーン・ジャーナル
--------------------------------------------

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« やっぱりブロ... バスの火葬 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (名無し)
2018-03-09 18:50:58
記事を見て思わず「ええ!?」と声をあげてしまいました
よくこちらのブログを拝見していたので・・突然でしたね

でも、バスちゃんは絶対に流れ星先生の家族でいられて幸せだっただろうなと心から思います
 
 
 
 
Unknown (流星光)
2018-03-11 14:11:26
>名無しさん

コメントありがとうございます!

まさかこんな日が来るとは思っていなくて、
「まあ、歳はとったけど大丈夫だろう」
とか悠長に考えてました。

生き物が食べなくなると、早いですね。

人間の場合は、病院であるていどは延命できますけど
動物の場合は難しいですね。

寿命でした。

バスの兄妹・トトには、あと数年頑張ってほしいです。
 
 
 
Unknown (ぴのこ、)
2018-03-12 17:15:02
コメントしようと思いつつ、
遅くなりました。
奥さんのtwiiterに、亡くなったバスのことと、
子供のころのトトとバスのアルバムの画像が少し載せられてました。

トトもバスも幼くて可愛らしくて、
先生も奥さんも、とても可愛がってたんだろうなと思いました。

残されたトトおばあちゃん、大事にしてあげてください。
 
 
 
Unknown (流星光)
2018-03-13 11:07:49
>ぴのこさん

ありがとうございます。

僕にとっても初めてのことだったので、

とまどいとかすごくあったんですけど、

貴重な体験させてくれたバスに感謝してます。

これからも、出来る限り、猫たちのお世話をして

いきたいと思います。

新しい猫ちゃんも含めて。

まだ、未定ですけどね。^^
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。