【静電気を除去。水性Ag-powerコーティング】で頑張るおじさん!

ラジエーター水、オイル、燃料、空気、電気、ガスは流れてますか?

イチローが、黒田が歓喜 ヤンキースが2年連続地区優勝

2012年10月06日 07時49分33秒 | ニュースの感想

イチローが、黒田が歓喜 ヤンキースが2年連続地区優勝

2012.10.04

http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2012/10/1004yankees/

米大リーグ、ア・リーグ東地区で3日、優勝を争っていた2位のオリオールズがレイズに1-4で敗れたため、

ヤンキースの2年連続の地区優勝が決まった。試合はヤンキースが14-2で勝利した。

 ヤンキース・イチロー外野手はマリナーズ1年目の2001年以来の優勝となった。

「2番・左翼」で出場し、5打数1安打、2打点。今季は178安打、打率.283で終えた。

 

 イチローは松坂に2打席打ち取られるなど4打席凡退。

しかし七回一死一、二塁でカーペンターから右中間を真っ二つに破るダメ押しの2点適時二塁打。

スウィシャーの左前適時打で13点目のホームを踏み、八回からついた右翼の守備で勝利の瞬間を迎えた。

 

ア・リーグ東地区優勝を果たし、ナインと一緒に喜ぶヤンキースのイチロー(中央) =ヤンキースタジアム(共同)

 

レッドソックス戦の6回、二盗を決めるヤンキースのイチロー =ヤンキースタジアム(共同)

 

地区優勝を果たした瞬間、スコアボードを見詰めるヤンキースのイチロー =ヤンキースタジアム(共同)

 ヤンキースで初めてシャンパンファイトを行ったイチローは「そんな凄くもないですけど、

思ったほどという感じでしたけど」と苦笑い。

 デットヒートを制してのプレーオフ進出に「僕プレーオフに出るのは、

当時(マリナーズで)116勝と突っ走ったシーズンだったんですけど、

こういう戦いで自分たちが知らないうちに、知らない力が蓄えられたんじゃないかなと。

実際そうかどうかはわからないけど、そういう戦いだったんじゃないかと思います」と振り返った。

地区優勝を果たし、笑顔でシャンパンファイトをするヤンキースのイチロー =ヤンキースタジアム(AP)

 ヤンキースに7月に移籍し「溶け込んでいたかどうかはわからないし、今でもわからないです。

僕がここに来たのはヤンキースに力を必要としてもらうこと。

結果としては今日、地区のトップになったということは、ホっとしてます。

ジーターが言ってたんですけど、今日で練習試合で終わりだというようなことを言ってたんです。

さすがだなと思ったんですけど。このチームはここはファーストステップとして、みんな捉えてると思うので。

この瞬間はもう過去のものになるので、明日から先を見据えて、

足を地にしっかりつけてやっていきたいです」とプレーオフへの意気込みを語った。

 

シャンパンファイトで、チームメートと抱き合って喜ぶヤンキースのイチロー(左) =ヤンキースタジアム(共同)

         ◇

 ヤンキースの黒田は3日、ニューヨークでのレッドソックス戦に先発して7回、94球を投げ7安打2失点で、

日本時代を含めて自己最多の16勝目(11敗)を挙げた。4三振2四球でだった。

ヤンキースに移籍した今季は、すべて先発で33試合219回2/3を投げ、奪三振は157個、防御率は3.32。

 

レッドソックス戦に先発し、粘りの投球をするヤンキース・黒田 =ヤンキースタジアム(共同)

 ■ 黒田の話「ほっとした。いつもと同じ気持ちで、何も考えずにマウンドに上がった。

(16勝は)でき過ぎの部分もあるが、何とかここまで来られた」(共同)

ア・リーグ東地区の優勝を果たし、喜び合うヤンキースのイチロー(左)と黒田 =ヤンキースタジアム(共同)

 

シャンパンファイトで、イチローと抱き合って喜ぶヤンキース・黒田 =ヤンキースタジアム(共同)

         ◇

 レッドソックスの田沢は3日、ニューヨークでのヤンキース戦で八回から7番手で登板し、

1回を無安打無失点だった。チームは2-14で敗れた。今季は37試合、44回を投げて1勝1敗1S、防御率は1.43だった。

 ■ 田沢の話「守備に助けられたが、抑えられてよかった。いい感じで終われた。

振り返ってみると思った以上にいいシーズンだったと思う。すべての力を使えば戦っていけるという感じはつかめた」(共同)

 

ヤンキース戦の8回に登板し、三者凡退に抑えたレッドソックス・田沢 =ヤンキースタジアム(共同)


コメント   この記事についてブログを書く
« 羽田-東京-成田空港 地下... | トップ | 写真でたどる100年の歴史... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュースの感想」カテゴリの最新記事