大阪・堺のひかり化成が「防水工事のノウハウとアイテム」を全国にご提供~応援します、貴社の「防水工事部」開設

防水工事業はお施主様から大変喜ばれ元請として仕事の途切れる事の無く、兼業としても新規独立開業としても将来有望な職種です

ガスファルトとアンダーテックスSで自分でする池防水補修(池漏水対策)

2018年04月03日 22時44分02秒 | それでいいの?維持管理

自宅にビオトープ池を作る・・・自然派にとって何よりの夢ですよね。でもいざ苦労して作っては見たものの、何処からともなく漏水・・・水道代も莫大に・・・挙句の果て干上がってしまって今や畑・・・そんな事ってありませんか?

 

【朗報】そんな方に是非ご覧いただきたいブログ記事があります。

もはや日曜大工の域をはるかに超過する日曜建築芸術家とも言うべき

「ケロッケさん」のご自作の池の漏水をご自身の手で止めた試行錯誤の貴重な記録

実録ついに池の漏水を止めた!!「漏水でお悩みの方へ」
ブログ:カエル徒然より

【挑戦1:米ぬか防水工法】とは、そしてその効果は?

【挑戦2:ペルプラグ防水工法】とは、そしてその効果は?

【最終手段:1、プールライナー防水工法】とは、そしてその効果は?

【最終手段:2、ビニローゼスプレー防水工法】とは、そしてその効果は?

そして苦節1年あまり到達された【究極の池防水施工方法】とは・・・・

百聞は一見に如かず。ついに池の漏水を止めた!!「漏水でお悩みの方へ」

 五色石が映える美しいケロッケさんちの壁泉池(クリックで大きくなります) 

 


ガスファルト池防水改修工法施工手順

(1) 既存塗膜のケレン
既存の旧塗膜をケレン、スクレーパー、ワイヤブラシ、サンドペーパー、ディスクサンダー等を用いて浮いた塗膜は剥がせるところまで極力剥がします。旧塗膜が無い場合は本工程を省略し次工程にお進み下さい。

(2) 清掃洗浄
表面を洗浄します。最も推奨されるのはケルヒャー等で高圧水洗浄すればいいですが、デッキブラシやタワシで入念な水洗いでも結構です。旧塗膜のケレンカス、セメントカス、苔、水苔、泥、砂、塵芥をきれいに除去します。

 

(3) 旧塗膜がまだ残っている場合、旧塗膜の活膜部とガスファルトの接着を促する為、バインダー(仲介接着)としてのカチオン性樹脂モルタルペースト塗布します。水洗いの水をよく切って、水たまりがないようにします。完全に乾燥させる必要はありませんが、水が溜まっていたら施工できませんのでウエス等でふき取って下さい。

・カチオン性樹脂モルタルペーストの調合
   アンダーテックスSの主剤25kgと混和剤4kgと清水5Lの割合で混合用のバケツに投入し、攪拌機または混ぜ棒等でで均一になるまで混合します。

・カチオン性樹脂モルタルペーストの塗布
  塗装ローラーを用い、下地にペースト状のアンダーテックスSを表面に塗布します。
標準塗布量 約0.85kg/㎡  1set(25.+4)で約40㎡

 

(4)旧塗膜が殆ど撤去出来ている場合、脆弱したコンクリートに接着を促する為、ガスファルトプライマーBを塗布します。

既存のモルタル表面をブラシ等で入念に清掃してから、ガスファルトプライマーBを刷毛又はローラーで塗布します。 0.2kg/㎡ ×1回塗

 

(5) ガスファルト塗布
塗布したプライマーが乳白色から透明に変わり、指触乾燥(指で触って指に付かない程度の乾燥)を確認してから、ガスファルトを塗布します。一度に厚塗りすると表面のみが硬化して中は未硬化のままになるので、塗膜の強度を出すために厚みを確保したい場合、一度に多く塗布するのではなく、少ない塗布量で回数を増やすようにしてください。ガスファルトの次回塗り時の目安として、塗布したては茶色く、硬化が完了すると黒くなります。0.8kg~1.0kg/㎡あたりを 2~3回塗を目安として下さい、樹脂モルタルペースト保護層や水性塗料を上塗りする場合、初期硬化(黒くなってから)丸1日後以降に塗布できます。


(6)カチオン性樹脂モルタルペースト防水保護層塗布(普通モルタルでも可です) ゴムアスファルト系塗膜防水ガスファルトは露出では使用できません。必ずモルタル等の防水保護層が必要です。

・カチオン性樹脂モルタルペーストの調合
   アンダーテックスSの主剤25kgと混和剤4kgと清水5Lの割合で混合用のバケツに投入し、攪拌機または混ぜ棒等でで均一になるまで混合します。

・カチオン性樹脂モルタルペーストの塗布
  ローラーを用い、完全硬化したガスファルト防水層にペースト状のアンダーテックスSを塗布します。
標準塗布量 約0.85kg/㎡  1set(25.+4)で約40㎡

(7)アルカリ分中和
魚を飼う場合、アンダーテックスやモルタル等セメント系は水酸化カルシウムが大量に含んでいます。水酸化カルシウムは強アルカリ性物質です。モルタルやコンクリートのようなセメントで作った直後の池に、水を張るとセメントの水酸化カルシウムによりpH10位のアルカリ性を示し、魚など水生生物は成育できません。放流前に水酸化カルシウムの中和が必要です。樹脂モルタルペースト完全硬化後一度水を貯めて、アルカリ分を中和する薬剤(例えばアクアマリンソフト)を混和してあく抜きを行って下さい

 

(8)必要に応じて着色
・アンダーテックスの仕上げ色はセメント色ですので、お好みで表面着色は市販のプール用塗料、水槽用塗料、池用塗料で行って下さい(ご使用方法は塗料メーカーにご相談ください)。表面着色塗装される時は、充分アンダーテックスを乾燥させてください

 

 ケロッケ様 ブログにてご紹介誠にありがとうございます <(_ _)>


関連記事

 

超速3秒硬化ゴムアスファルト防水スプレー工法「ウエットスーツ」ならでは、できることって!?

庭にとって池とは(なぜ癒しの空間たる庭には樹木と石と土、そして水が要るのか?)

ガスファルトのメリットと使い方(無溶剤で火気を一切使わない一液型ゴムアスファルト系塗膜防水材)





コメント   この記事についてブログを書く
« 屋上防水シートの補修はコレ... | トップ | 【花粉のないこども園】子ど... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

それでいいの?維持管理」カテゴリの最新記事