ヒカラビ一家の花日記

山の上に住む花農家から 魚沼発のあれこれを

とーリ追いだ、鳥追いだ

2008年01月12日 | 家族
TORIOI
With a bird scaring song, it is a festival of a child of the winter when it is traditional.
While children sing a song sending away a bad bird damaging farm products, I visit houses and take a cake.
去年の鳥追いはアフリカからMAXが参加してくれたので田舎の村人はちょっと驚いたようだったが、今年の鳥追いはいつもより子供が多くなっていて驚いた。
   
若夫婦は街のアパートに住む傾向があって、一時期子供が少なくなったが、また少し増えてきた。
トラディッショナルな行事を絶やさないでおいたおかげで、この日ばかりは親戚の子供たちも一緒になって家々を回る。
外で歌っても最近の家は聞こえないので玄関を開けて歌うとどの家もお菓子を用意しておいてくれる。
抱えきれないほどのtake a cake なのだ。
MAXにはライク ア ハロウィンなどと説明したらなんとなく納得したようだが、今頃アフリカでどうしているだろうか。

子供の頃は毎年大雪だったので雪の堂(かまくら)を作って鳥追いをしたが、鳥追い歌は歌った記憶がない。
今の子供は親がついてくるので昔より丁寧なんだね。

今年の冬はまだ吹雪もないので木の実さえ落ちていなくて鳥は餌に困らないようだ。
     
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« たけしまゆり | トップ | 賽の神?塞の神?歳の神?才... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鳥追い (すばる)
2008-01-12 22:36:05
鳥追い、懐かしいです。下島にいた子ども時代、雪を掘り下げてむろにして、上は梯子を渡しむしろを載せなどして鳥追い堂を作りました。
藁を沢山敷いてむしろをしいて、アンカなど作ると、自分の家のようで嬉しかったものです。

唄は、いまでも唄える・・かも知れません。
明治12年生まれの祖母が唄ってくれた
「いっち憎い鳥は ドウにサンギに小雀
 小雀のぢくしょうが
 稲三把盗んで
 甘酒辛酒こしゃって
 ドウとサンギを呼んで来て
 ドウが三杯(さっぺ)サンギが三杯・・」
云々という鳥追い唄がありますが、ドウとは朱鷺のことだとは随分あとまで知りませんでした。
こちらは、今晩でした。 (みかんちゃん)
2008-01-13 21:17:19
堀の内もする所がまだあるのですね。
もう鳥追いをする所は、広神でも、少なくなっています。以前、学校の先生が、とても珍しがっていました。
子供の数が多いので、公民館でして、地域も廻らず解散です。
鳥追いの歌、少し違うようですね、地域で少しづつ違うのでしょうか?
ドウが六杯だそうです。
あ! (すばる)
2008-01-13 23:57:38
広神のドウはいける口なんですね。
広神(旧広瀬村)は母の里です。
ドウの出てくる唄を教えた祖母は
旧薮神村です。

わたしの唄ったのはもっと単純でした。
思い出して書こうとしたら、
害鳥をしまいには佐渡へ追いやる、という歌詞が
あったので止めておきます。
Unknown (oc おばさん)
2008-01-14 01:56:20
その辺の歌に関しては、大嶋月庵さんの
「魚沼の暮らしと農作業」の本に詳しく書いてありますね。
この本はすごいなと思いました。

久しぶりに懐かしい顔が出てきてうれしかったです。
私らのころって、鳥追いそんなにしなかったような、、、、、。
どこかの家で集まって、食べて終わったような気がします。
勘違いでした。 (みかんちゃん)
2008-01-14 15:25:02
薮神地区の各集落は、みんな鳥追いをしていました。
子供たちは、小学校で、鳥追いの歌を習います。
すばる様へ (ヒカラビの父)
2008-01-14 20:49:12
コメントありがとうございます。
その後三郎次さんの鳥追いの記事を読みふけっております。
いろいろ深い意味があって驚きです。
今の人にいろいろな意味を考えさせるのは無理がありますが、続けることくらいはできるかと思います。
何も行事がないと雪国の冬は殺風景ですからね。
またいろいろ教えてください。
みかんちゃんへ (ヒカラビの父)
2008-01-14 20:54:04
今度学校でもドンドヤキが有ります。
雪像コンテストもあります。
去年は参加して結構楽しかったですよ。
雪国ならではの行事だと思います。
ぜひ三郎次のコシヒカリを覘いて見て下さい。
歴史と民族の勉強になります。
OCおばさんへ (ヒカラビの父)
2008-01-14 20:56:13
月庵さんは数年前になくなりました。
間際に大きな吹雪の絵を描いたそうで。
NHKで特別番組を放送しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

家族」カテゴリの最新記事