ヒカラビ一家の花日記

山の上に住む花農家から 魚沼発のあれこれを

寒露

2019年10月08日 | 発信

いよいよ秋が深まる節季、今日は寒露なのだそうだ。

毎週毎週台風の恐怖。競歩は金メダルでよかったが恐怖はいらないよ。

伊勢湾台風と似たコースだそうだが伊勢湾台風の時我が家は屋根を吹き飛ばされている。2歳だったので覚えていないが。

花は終盤を迎えています。カサブランカはあと2作。

台風におびえながら保温対策をしてます。

9月からの後半戦は品質いまいちでした。

35度の高温期が21日間、そのすぐあとは強い雨も降って、丈足らず、曲がり、奇形花、、、、

良いことなかった。9月前半化価格も低迷、、、、

こちらはマザーリーのシグナム。高温障害で八重だった。

最終作はまだこんなです。立派なシスト。終盤は期待できます。

白鳥が飛来したそうだが動物たちはもう秋から冬モードに入っている。

ハウスにはカナギッチョ。

アマガエルさん。

何を迷ったのか山の上の村なのにサワガニがいたぞぃ。

昨日は芋掘り始めました。

あまり太ってなくてちょうどよい焼き芋サイズ。

親戚の家には新しい家族が来た。

12歳の老犬だおりこうさんだ。施設に入る飼い主からの譲受。

覚悟が決まっているのかすぐになついてくれている。

柴犬は絶対膝には乗らないけどなぁ。

 

 クリックすると花農家仲間がたくさん。
ポチッと一回クリックしてね。

ネットショップはこちら   https://shop.ng-life.jp/fukasawa/0068-003/

コメント   この記事についてブログを書く
« Kiケン Kiタナイ Kiツイ ... | トップ | 嵐の前に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

発信」カテゴリの最新記事