ひじきごはんを食べましょう(sorry, this blog is UNDER CONSTRUCTION←おー

どうもひじきごはんです。ほんとに食べちゃだめですよ、俺のことをね。

UDON

2017-10-29 21:46:10 | Weblog
をれは川徳という地元のステイタスのデパートで

幼少のころ、ピアノに通う前さぬきうどんを食べるのが週一のたのしみだた。

なんともいえないはごたえのさぬきうどん。をれはこれを超えるさぬきうどんをまだよそで食べたことが無い。をれは夏はひやしきつねかひやしたぬきを食べ、

冬はあたたかいものをたべた 一杯250円だったのはよく覚えている。なんでこんな話をはじめたかというと





をれはそばよりうどんのほうが好きなんじゃないかという疑念があるからだ。おいしいのはどっちも好きだ、をれは作業場で一日300円で汗水流していたとき、

お祝いの会で地元の老舗でこれはすばらしいというそばをしたづつみ打った。これなら、記憶にあるさぬきうどんとひけをとらない。しかし。

赤いきつねと緑のたぬきを食べるとき、をれはだいーたい赤いきつねにする。コンビニならあげ二枚だ少ししょうしょう高いが。これにサトウのきりもちを焼いて入れる、おいしい。



今日本は、食べ物天下一武闘会が開かれているとゆっても過言ではない。西日本は強い。どんどん、なつかしの味が少しずつ消えていく。そんな中

をれは東日本側に立っているのに、さぬきうどんかよと。それはどうしようもない、幼いときのあまくあわいきおくなのだからしかたないのだが

とんだキンキキッズが、アイヌだ縄文だと、東日本を守るツラアしてやがんなと 今日自省したのだ。そして ちぺこは あきらかにたぬきちやんだとおもつてゐる。をれは

十年くらい前に書いたSSSで、金星に向かう宇宙船の中をれがぶたにくのビーフシチューをつくってるときちぺこのキックをたぬきっくと呼んだらちぺこがよろこんで
たぬきっくたぬきっくと蹴ってくる話がすこだ。

もう、そのさぬきうどん屋は無い。
コメント

若い才能

2017-10-29 21:34:34 | Weblog
をれは不遜なところのある男なので

をれこそどうのこうのという内心があった。絵のこともそうだ。をれははっぱり受けないがかわええ絵を描くと思ってた。

あこがれる絵描きさんは居る。でもをれのほうがうまいぶぶむがあるよねとかなんとか。しかし。

どうーにも、こりゃかわええ…をれよりつたないのにかわええ…をれにもしいいところがあるのなら、そこを増幅してきたようなラフを描く才能が出てきた

しかも複数。あまりに無垢で 闘志もわかない。これは予想していなかった。うれしいことなのだる。しかし。をれは不遜な男だ。不遜は、今の子に無いかもしれない。いまのこはいい子が多いと思うし

われわれのようなぐれた青春時代を無理に送らなくてもいいと思ってる。不遜にも意味があるのだと。そしていよいよ 黄忠めいてきた。それは絵だけではない。
コメント

平凡川柳

2017-10-29 20:13:47 | Weblog
おまえがね一筋涙を流したえ
コメント

殺人に逃げるな

2017-10-29 13:33:04 | Weblog
徹夜で2ちゃんの中絶スレに張り付いているが

殺人は問題解決を投げ出す逃げなのだなと落着。能力の不足。
コメント